森見派、挙手!

お知らせ  2017/05/14

白:寝る五秒前~なホワイトです。今日もぼちぼちいきましょう。
赤:なんて緩い...。まぁ、それがアナタの持ち味ですからいいですけど。
白:いや~、だってなんだか過ごしやすい陽気な日々なんですもん。
こんな日は寝るのに限ります。ところで、ゴールデンウィークが終わりましたね。
休日も変わらず開いている図書館にはあまり関係のない話でしたが・・・。どこか行かれましたか?
赤:かわいいあの子を追い掛け回して日焼けしちゃいました。てへ。
白:おやおや、隅におけませんね。私は、映画『夜は短し歩けよ乙女』を見に行きました。
今なにかと話題のあの方が主人公の声をされてましたが、情けなさが前面に出てて大変良かったです。
赤:へえ、いいですね。でも、私は、万城目派なので!森見派じゃあないんだなあ。
でも、リズム感があって独特な言い回しがおもしろいですよね。それに、タイトルにセンスを感じます。
白:そうですね。あと、難解な漢字をやたら使用するイメージがあります。
私は、他に森見さんの『恋文の技術』(F/モリ)を高校生のときに読みました。
あの世界観に入るのがなかなか大変で何度も中断しながらでしたが、最後まで読むと、朗らかな感動が生まれます。
赤:朗らかな感動(笑)ハマる人はハマる作家ですよね。
白:うーん、森見さんは、訳分からないんですけど、その訳の分からなさをそのまま突っ込んで
うまい具合に終着点を見つけるんですよね~。そこがハマる要因のひとつかもしれません。
よくもまぁ、きれいにまとめるなぁと感心します。
赤:なんだか褒めているのか貶しているのかわかりませんが、その意見に深く同意。
白:全体的に、森見さんは不思議さと意味不明の融合、そしてうだつの上がらない主人公を書くのが多い印象です。
日々、鬱憤が溜まっているYAにこんな情けない奴おるよ!と声を大にして薦めたいです。
赤:ライトノベルの主人公にはヘタレキャラ多いですもんね。自分より情けない人を見つけて元気が出るみたいな。
白:(笑)そういえば、森見さんと、万城目さんはお互い京大で、デビューもほぼ同時期で
交流あるのかないのか知らなかったんですが、『ぐるぐる問答 森見登美彦氏対談集』(914.6/モ)に2人で出てました。
読んだら、なんか仲良しな雰囲気が伝わりました。これもおススメです。
他にも、いろいろなジャンルの方々と対談されてますので良き本ではないでしょうか。
赤:ほうほう。今回は森見派か万城目派に分かれましたが、この二人は個性が強烈ですからね。
他の人にも聞いたらどっち派か分かれそう。全て語りきれないんですが、今回はこれにて閉幕します。
白:お次はレッドパイセンですよ。
赤:はいはい。それではまた次回!


ピンクカムバック!!

お知らせ  2017/04/30

桃:みなさん!どうもこんにちは!!新学期が始まって早くも二週間が経ちましたね。新しいクラスにはなれましたか?
  最近の春の暖かい陽気で毎日睡魔と闘っているピンクが今回お送りいたします。
  そう・・・先週のブログでグリーンさんが言っていたように、YA担当の卒業と転校により、
  一度はYA担当を卒業した!つもりだったピンクがまたまた戻ってまいりました。
赤:ピンクさんおかえりです!馬の前にぶら下げるにんじんのように、ピンクがいると馬車馬のように働けるワタクシ。
  ピンクのために一生懸命働く所存でございます。
桃:た...ただいまです。今回は正式なカムバックということで、わたしピンクごときがYAの力になれるか分かりませんが、
  YA新入生気分で精一杯頑張りたいと思っております。ホワイトさんほどフレッシュな風は吹かせられませんが。
赤:ピンクはYA担当班のアイドル。かわいいし仕事は速いし言うことなし。疲れた時とか無駄に話しかけにいったり、
  パソコンを教えてもらったりと頼りにしてます!
桃:そんなそんな...ありがたきお言葉!
  私もレッド先輩のために一生懸命働く所存です!ところで、もうすぐゴールデンウィークですね!
  まだこの間4月が始まったばかりかと思えばもうゴールデンウィークですよ!
  どうやら今年のゴールデンウィークは最大で9連休をとっている社会人もいるとか・・・羨ましい限りですね!!
赤:正しい図書館員たるもの、ゴールデンウィークは子ども達(YA含む)と触れ合ってナンボ。
  長期休暇(夏休みなども)はがっつりと子ども達と本との橋渡しをするのです!
  どうせどこへ行っても人の波を拝みに行くだけですよ。
桃:そーですよね。ゴールデンウィークってどこへ行っても激混みですし、旅行へ行けば金額は恐ろしく跳ね上がってるし、
  そんなに良くないですよね!!(強がってみる)
  ゴールデンウィーク関係なく私達はお仕事ですが、せっせと勤労に励みましょう。きっといい事あるはずです!!
赤:きっといい事ありますよ。(遠い目...)
桃:話は変わりますが、私ピンクこれからブログを書いていくにあたって、過去のブログを読み漁っているんですが、
  レッド先輩は中高時代は何の部活に入られてたんですか?
  ホワイトさんは剣道部、グリーンさんは弓道部だったという情報を発見したんですが、レッド先輩は何部だったんですか?
  私、気になります!!
赤:みなさん爽やかなイメージの部活ですね~。
  期待を裏切らないですよ。はい、茶道部です!運動神経が恐ろしく悪いので、消去法で選びました。
  高校生の時、部長だったワタクシは、かわいい子をスカウトしてハーレムを築いてましたよ(自慢)。
  当時の茶道部は先輩が新入生に声を掛けるシステムがあったのです。
桃:そーなんですか!女の子大好きレッド先輩には素晴らしすぎるシステムですね!!
  ちなみに私中学はテニス部に入り、青春の日々を送っておりました。年中日焼けで真っ黒でしたよ。
  朝練に夕練に学校に塾に、あんなスパルタな生活を毎日送ってたなんて信じられません。
  今だったら1日で寝込む自信があります!!若いって素晴らしいですね(遠い目...)
赤:大丈夫。体力は落ちても女子力は上がってますから。
桃:久しぶりのブログな上、文章力皆無で話がいろいろ飛びまくっててすみません。
  YAの先輩方のような素晴らしいブログが書けるようにこれから頑張っていきますので、
  温かい目で読んでいって頂けたら嬉しいです!!レッド先輩、こんなピンクですがどうぞよろしくお願いします!
  次回はフレッシュホワイトさんですよー!


「修学旅行コーナー」誕生

お知らせ  2017/04/21

緑:新学期が始まって一週間ですね。中高生のみなさんはいかがお過ごしですか。まだ新しいクラスの落ち着かない雰囲気にそわそわ...。やっときた週末にホッと一息、といったところでしょうか。

緑:こちらは中央図書館YA担当としては3年生、他の班員の卒業と転校を見守ってきた挙句、なんと不断なく居残っている唯一のメンバーとなってしまったグリーンです。(怖)

緑:というわけで、今年度もYA担当には若干の人事異動がありました。新体制については徐々に明らかになっていきますので、どうぞ今後の更新をお楽しみに。

緑:まぁ戦隊ものに番組変更は付き物ですので、これまでどおりあたたかく見守っていただきたいと思います。それに今年は元祖YA担当、昨年も期間限定で助っ人をしてくださったピンクさんが、正式なYA担当としてカムバックされましたし!

緑:「...ん??緑:、緑:、緑:って入力ミス??」と思われたあなた。いいえ、これは間違いではありません。今回は全編通して緑です。緑しかしゃべりません。なぜなら、告知目的の回だからです。(身も蓋もない)

緑:それではサクッと本題に入りましょう。

緑:実は、中央図書館のYAエリアに、旅行のガイドブックを集めた新コーナーが登場したのです!今まではなかなか中高生向けに入れるのが難しかった国内旅行の本を、「修学旅行に役立つ資料」として大量に購入しました。場所は分類記号YA291あたり。写真のように、一列どどんとぶち抜きで設置されています。

20170421115837-88f3770d3baa2da0bcd8c1bf3110e6e84de56d62.jpg

緑:図書館が市内の学校への調査で聞き取った、東京をはじめとした関東方面、京都・大阪・神戸といった関西方面、沖縄や福岡などの九州方面の本がメイン。街歩きに向いたハンディサイズのものが多いので、自由行動の時間やグループ見学のお供として、ぜひ活用していただきたいと思います。

緑:史跡や名勝の類は学校で配布される資料におまかせして、このコーナーには買い物や食べ歩きに向いた、ちょっとカジュアルな旅行本がそろっています。少しですが、行き先として多かったTDSの本もありますよ~。(ただしオトナたちからも大人気ですので、しっかり予約を入れることをおススメします。)

緑:ガイドブックは、通常の貸出しが可能な本と、館内の閲覧のみに限った本の、それぞれ2冊ずつご用意しています!貸出しができない方には赤い「禁帯出」のシールが貼られているので、うっかり窓口に持って行かないようご注意ください。

緑:先日、別冊ほんまるけの編集会議に集まってくれた中学生に聞いたところ、学校によっては4月中に修学旅行に行くところもあるとか。春実施なら、すぐに準備が始まりますね。新しいクラスメイトや、気になる相手との距離を縮めるまたとない好機。やっぱり、学校生活の一大イベントですから、万全の体制で臨んでほしいと思います。

緑:楽しかった旅行の思い出は、また掲示板の投書ででも教えてくださいね~。「この本をこういう風に使った」なんていうことが分かると、我々はとてもとてもとても(!!)励みになります。

緑:さてさて、緑の一人トークではたして対談形式をとる意味はあったのか?疑問は尽きませんが、謎は謎のままとして。次回の更新は、お帰りなさいのピンクさんです。


フレッシュな新人を見て一年前のホワイトに思いを馳せる

お知らせ  2017/04/09

赤:ごきげんよう。まだまだ攻撃の手を緩めない花粉と戦うレッドです。
  今年の花粉の破壊力は半端なくメガネとマスクが手放せません。
白:つらそうですね。私は日頃の行いが良いお陰か、花粉症とは無縁なんですよ。
赤:あやかりたいですね。私も日々善行を積んでいるのですが...おかしいですね。
  4月がスタートし児童図書係にもフレッシュな新人がやってきました。初々しいスーツ姿が眩し過ぎる!
  あぁ~1年前のホワイトさんがやってきた日が思い出されます。緊張のためか無表情でしたよね。
  そして、返事が棒読み(なげやり?)
白: 無表情でしたか...?笑顔を張り付かせていた気がするんですが、おかしいですね。たしかに返事は棒読みだったかもしれません。    
   でも、投げやりではないです!!もともとそういう声質なだけなんです!!
赤:いや~かなり早いうちから'おもしろい子がきた'と話題沸騰でしたよ。
白: え~、そんな馬鹿な・・。嘘ですよね・・・?真面目にコツコツ働いていただけです。うんうん。
赤:YA担当にフレッシュさんと浮かれていたワタクシ。同じ岐阜県外の西側族(西日本)から来た白さんに、
  金華山と岐阜城を見せねばとお誘いしたのに、断られること2回。ちと、時期尚早でしたね。
白: その節はまことに申し訳ありませんでした。あの頃はまだ、シャイな小娘だったんです。(照)
赤:白さんは意外と人見知りタイプ。私は老い先短いということもあり、人との距離を気にせずグイグイいくタイプ。
  あの時は怖がらせて申し分けなかったです。早く仲良くなりたくて焦りがあったんですよ。
白: いや、老い先って・・・。先輩まだまだこれからですよ!!でも誘って頂いてありがとうございました。
  私は、出不精なので、誰かに尻を叩かれでもしないとどこにも行こうとしない人間ですから。
赤:断る理由が'部屋が片付いてないから'で、確か3回目に断られた5月過ぎ、白さんの方から'そろそろ行きましょう'といわれ
  実現したのが5月末か6月初めでしたよね。
白:あれ・・・、そんなに断ってたんですか、私。アホデスネ。いやはやお懐かしゅうございます。
赤:いざ二人でお出かけしてみると、想像以上におもしろい子。
  岐阜城の展望台で今まで読んできた本のことで盛り上がり、1時間以上語り合うという稀有な体験をしました。
  いや~読書対談を岐阜城でなんてなかなかないシュチエーションですよ。カップルが愛の囁きとかならありえますが。
白:そういえば、面白くて延々と話し込んでしまいました。カップルよりある意味熱い時間を過ごしましたね!!
赤:白さんとは年が倍近く違いますが、本は世代なんて軽く越えるのですよ。
白: そうですね。本当にその通りだと思います。それに、本の話すると、大概の人とお近づきになれる気がします。
赤:という白さんとの初デート?の思い出でした。
  なかなか機会がないですが、ぜひワタクシと遊んでくださいね。こわくないよ~。
白:こちらこそ遊んで下さい~。はは~。(お辞儀)
赤:新学期が始まったばかりです。
  白さんのように人見知りタイプのアナタ、隣の人へのあいさつから始めてみましょう。
  隣の人も人見知りタイプでアナタの一声を待っているかもしれません。勇気を出せば良い出会いがきっとあるはずです。
  YAの皆さん幸あらんことを!応援しています。
  次回のブログはグリーンさんですよ~。


花か花粉か

お知らせ  2017/04/02

白:押忍!!年度が変わりましたが、私は変わりません。ホワイトです。今年度も頑張っていきましょう。
緑:私もなかなか変われません。グリーンです。
白:きゃー、グリーンさんんん。もうすっかり、暖かくなりまして春ですね。出会いの時期ですよ。
占いによると、私は今月めっちゃいろんな人と出会うそうなのでドキドキです。
は~、藤田まことみたいな人を見てみたい。
緑:藤田まこと!私と誕生日が一緒だということをご存知で...?
白:あ、存じ上げております。藤田まこといいですよね。あと、渡瀬恒彦さんも好きです。
どちらも故人なので直接お会いできないのが残念です...。
緑:そうなんですよね。必殺!に出ておられた頃が懐かしいです。
白:必殺、みてました。藤田まことになら斬られてもいいかなと思いました。時代劇にかかせないお方ですよ...。
緑:最近は時代劇枠がずいぶん減りましたからね~。寂しいですね。
ちなみに、その藤田氏と私の誕生日は、宮本武蔵と佐々木小次郎が巌流島で決闘した日でもあります。(自慢)
白:きゃぁぁあ、それはすごい!大変羨ましいです。私は笑点の水色の着物の人と同じ誕生日ってのが自慢です(小者感)
緑:我々はどちらも春生まれですね。春といえば、花、花といえば花見ですよ。ところで、お花見よく行きますか?
白:こじつけがすごい...。えっと、近年は見ようと思ったら散っていた・・ってことが多いです。
そういえば小学生のころ、家族で山に花見に行ったんですが、動物がわんさかいて、ご馳走を取られそうになりました。
でも、父が動物に近づいたら逃げていきました。
緑:必殺!ホワイトパパ...。
白:藤田まことみたいにシャキッとしてませんが・・・(笑)
私の父親、ぱっと見怖いですし日焼けしてるので、夜は闇に溶け込みます。
本能的になにあれ怖いと思われたんでしょう。
緑:私は以前勤めていた会社で、新人一同が会長夫妻とお花見をするという逃げられない系のイベントがありました。
恐怖でしかない。。。まぁ、ご馳走はいただけましたけど。
白:Oh...、それは逃亡不可避でしたね。新人には腹を括らなければいけない時が絶対あるんですよ・・・。
新社会人の方はきっと痛感しますよ。
緑:ホワイトさんの口から聞くと、実感のこもり具合がすごいですね。(がんばれ!!!)
でもほら、今年度は後輩がやってきますから!
白:後輩・・・、私の気持ちはいつだって新人のように清らかなんですけど...。ずっと、気楽にしてたい(小声)
緑:同感です。気づけば中堅?春って色々変化の時期ですもんね。中高生しかり。社会人しかり。桜とともに思い出すんですよ...。
白:春は嬉しさとつらさを持ってくるんですね・・・。花は大変きれいですが、花粉という凶器を運んできますし。
マスク姿のお姉さまを通勤途中でよく見かけます。つらそう(笑)
緑:つらい...みたいですよ!(赤先輩がいるから笑っちゃダメ!!)
白:(あ、赤先輩)私は、花粉症じゃないのでまだのうのうとしてます。
でも、母も花粉症ですので、今後なる可能性ありますね...。戦々恐々です。
緑:奇遇ですね。我が家も母がある年突然発症したんです。なにやらリミッターがあふれると罹患するようですね。
白:山吹さんも、突然なったそうですよ。我々も気をつけましょうね・・・。
緑:はい。是が非でも回避したい案件です。でも、お花見はしたいですね。その恐怖のイベント以来行ったことがないので。
白:行きましょうよ!恐怖の記憶を上書きしましょう。去年は、花見どころじゃなかったので・・・(笑)
今年こそ、満開の桜みたいです。満月の下、夜桜みながら、お酒飲んで寝たいです。
緑:いいですね~!ぜひお供させてください。お酒は二十歳になってから(かるくクリア)!
でもね...歳とともに弱くなるんですよ...。
白:ひょ~。歳には誰も抗えないのですね。でも、しんみり日本酒飲むのもいいんじゃないでしょうか。
というわけで、ちょっと風流なことをいってみたところでおしまいです。ではでは、今年度もよろしくお願いします。