YA

YAのYAなカンジ!?

  • 2019年2月 8日

毎月8日更新のYAブログ【YAなカンジ!?】
2月といえば、バレンタイン!お菓子業界に踊らされているような気もしますが...。
YAの皆さんがほしいものとは?
今月のテーマは『ほしい』です。
ちなみにYAレッドは切実に視力がほしいです。

YAのYAなカンジ!?

  • 2019年1月 8日

毎月8日更新のYAブログ【YAなカンジ!?】。

新年あけましておめでとうございます!
勉強、部活、恋愛...後悔のないように今年も頑張っていきましょう!

日 時:平成31年1月26日(土)午後2時~4時(午後1時30分開場)

場 所:みんなの森 ぎふメディアコスモス 1階 おどるスタジオ

講 師:金原 瑞人さん(翻訳家・法政大学教授)

対 象:・中高生のお子さんを持つ保護者
    ・若者向け小説に興味のある方

定 員:50名(要申込・先着順)

参加費 無料

申込み:12月20日(木)午前9時から、中央図書館の窓口または電話にて受付開始。
    氏名・電話番号をお伝えください。

問合せ:中央図書館
TEL/058-262-2924

YAのYAなカンジ!?

  • 2018年12月 8日

毎月8日更新のYAブログ【YAなカンジ!?】

ハッ!!気付けばみなさん、もう師走です!平成最後の年末、どう過ごします?
恋しまくる?勉強しまくる?部活しまくる?
ということで、今月のテーマは「部活」です。

そんな青春に汗を流しているあなた、除夜の鐘をつきにお寺に行ったことはありますか。
溜まりに溜まったあなたの百八の煩悩、洗い流してみませんか。
2018年の締めくくりの月、心も体もスッキリさせてどうぞよいお年をお迎えくださいね。
これからもYAのみなさんを力いっぱい応援します!どうぞ来年もよろしくお願いいたします!

 中央図書館では、YAのYAによるYAのためのおすすめ本リスト別冊「ほんまるけvol.6」の編集委員を大募集しております。この本をおすすめしたい!という熱い思いを持っている人や、図書館の仕事に興味がある人を大歓迎しています!

対象:中学生及び高校生、またはそれに該当する年齢の方(青少年サポーター登録は問わない)

日時:第1回目:平成31年1月19日(土)午後1時~3時(協働のへや)
   第2回目:平成31年2月 2日(土) 午後1時~3時(協働のへや)

内容:
(1)第1回目  
 ①自己紹介(学校名、学年、名前、好きな本など)
 ②過去のおすすめ本リストの配布と説明
 ③おすすめ本の紹介
 ④公募で集まったイラストの選考・投票  
 ⑤レイアウトの検討
 ※第一回目の参加は必須です。

(2)第2回目  
 ①表紙イラストの決定
 ②紹介用原稿の提出
 ③全体構成、修正、編集
 ④交流会

募集期間: 平成30年12月10日(月)~平成31年1月17日(木)まで

定員:先着20名(定員に達し次第締切)

申込み:中央図書館の総合カウンター・児童レファレンスカウンター・電話・FAX・Eメールアドレス(児童用)にて受付。

その他:参加者全員に、オリジナル缶バッチを進呈します。

問合せ:中央図書館
TEL/058-262-2924 
FAX/058-262-8754
Eメール/jido-chuo@gifu-lib.jp

 

 中央図書館では、岐阜市在住在学の方に限って、YAのためのおすすめ本リスト別冊「ほんまるけvol.6」の表紙イラストも大募集しております。あなたのイラストが別冊「ほんまるけ」の表紙を飾るチャンスです。採用された方には、図書券を進呈します。多数のご応募をお待ちしています!


対 象:中学生及び高校生、またはそれに該当する年齢(青少年サポーター登録は問わない)

内 容:
(1)イラスト 
 ①A5サイズ。カラー
 ②応募用紙は各岐阜市立図書館、図書室、および、岐阜市内の中学校、高等学校の図書室にもあります。
 ③デジタルの場合はメール、記録媒体でも受け付けます。

(2)テーマ  
 「Call Out! ~今の気持ちを叫べ!~」

募集期間:平成30年12月10日(月)~平成31年1月17日(木)まで 

申込み:中央図書館の総合カウンター・児童レファレンスカウンター・電話・FAX・Eメールアドレス(児童用)にて受付。

その他:表紙に採用された応募者1名の方には、図書カード1000円分、
    裏表紙に採用された応募者2名の方には、図書カード500円分を進呈します。


問合せ:中央図書館
TEL/058-262-2924 
FAX/058-262-8754
Eメール/jido-chuo@gifu-lib.jp

岐阜市立図書館だより12月号を発行しました。
岐阜市立図書館の各館・室で配布中ですので、ぜひ手に取ってご覧ください。

岐阜市立図書館だより12月号
ダウンロード用PDFはこちら

児童版 岐阜市立図書館だより12月号
ダウンロード用PDFはこちら

おたより一般12月_s.jpg

おたより児童12_s.jpg

中高生向け ライブラリーレター12月号
ダウンロード用PDFはこちら

ファッションライブラリー通信12月号
ダウンロード用PDFはこちら

YAおたより12_s.jpg FL12月_s.jpg

YAのYAなカンジ!?

  • 2018年11月 8日

毎月8日更新のYAブログ【YAなカンジ!?】。
実りの秋ですね。ということで今月のテーマは食欲の秋です。

 先月に引き続きインターンの大学生にブログを担当していただきました。
図書館情報学も学んでいらっしゃるということで中央館にきてくれた大学3年生の彼女。
書架整理に始まり、本の紹介POPの作成やおはなし会の参加など様々な仕事を体験していただきました。
お疲れ様でした!

YAのYAなカンジ!?

  • 2018年10月 8日

毎月8日更新のYAブログ【YAなカンジ!?】。
今月のテーマは外国人の異性への憧れです。 イケメン留学生!いいですね~
一昔前の少女漫画などの世界で転校生がかっこよく見えるパターンがあったのを思い出しましたが、今は国際的ですね。

※今月はインターンの大学生にブログを担当していただきました。ありがとうございます。
皆さんにより近しいフレッシュ大学3年生のお姉さんです。
中央館オープンからよく来館してくれたとのことで、図書館の内側も見てみたいとの希望でインターンにきてくれました。

こんにちは。
ぼくのわたしのショートショート発表会(通称ぼくわた)担当者です。

開館記念イベントとして始まった当イベントもおかげさまで4回目となりました。毎年中高生たちの作品をいの一番に読むことができる、私にとって新型iPhoneの発表よりも楽しみにしているイベントです。今回応募いただいた作品数はなんと114作品。予想を大きく超えてきました。これまでで一番多かったのは第2回の68作品ですから過去最多を大きく更新しています。中高生の皆さんの関心が広がってきていると思うと本当にありがたいです。

さて今年もこの中から「ぼくのわたしのショートショート発表会」で発表してもらう作品を選考すべく、東京は神田神保町の集英社さんに行ってまいりました。あの鳥山明先生やさくらももこ先生も出入りしたであろう由緒正しいビルに入りますと、入り口近辺で「ジョジョの奇妙な冒険」の展示コーナーがどーんと。ジョジョ世代の私は足を止めてオラオラとみていきたかったのですが、約束の時間が迫っていましたので泣く泣くスルーしました。

今回朝井さんへの手土産にお持ちしたのは三輪の日本酒「達磨正宗熟成三年」。古酒の中では比較的飲みやすく、それでいてまろやかな味わい。岐阜らしい手土産をと思いお持ちしました。こんな重いものを手土産として朝井さんに押し付けてしまうことに少々の罪悪感を覚えましたが快く受け取ってくださいました。

さっそく朝井さんと担当編集者さんと私の3人で打ち合わせを始めます。3人で打ち合わせといっても私は「なるほど~、なるほど~」と呆けた顔で言っているだけなのですが、なにしろ114作品ですので選考にも時間がかかりました。今回8作品を選考しましたが本当はもっともっと紹介したい作品がたくさん。例えば「ぱんつくったことある?」という問いに対してどう答えるのが正解なのかということを延々考えるというだけの小説を書いてくれた女子中学生がいて、すごくどうでもいいことなのに最後まで気になって読んでしまいます。「鉱石を喉に詰まらせ」という作品は非常に文章が上質で、彼にしか書けない世界観を描いています。岐阜や愛知だけではなく東京や神奈川、群馬といった遠方からも応募がありました。正統派のショートショートらしい淡々とした作品や人間の内面を暗喩的に表現した作品、ホラーや青春もの、SFなど、バラエティに富んだ作品群でした。特に十代ならではの題材や表現がある作品は目を引きましたね。今回打ち合わせに3時間もかかってしまったのですが、朝井さんも編集者さんも終始笑顔で話しておられました。みなさんの作品を肴に楽しく話をさせていただきました。もちろん古酒は飲んでませんよ。念のため。

そんな中から朝井さんが選定した8作品はこちら。(五十音順)
「感情カメレオン」
「コンテスト」
「自分にとっての楽園」
「日曜日の消し方」
「正夢彼女」
「虫」
「唯一無味」
「床下」

とてもレベルの高い作品たちです。「コンテスト」とは果たして何のコンテストなのか。「床下」にはいったい何が!?知りたい方は是非10月27日(土)開催「第4回ぼくのわたしのショートショート発表会」にお申し込みください。待ってます!→観覧申し込みはこちら

また、イベントでは今回選ばれなかった作品も含めて114作品を収録した作品集も配布しますので、その他の作品が気になる方もぜひお越しください。はたして「ぱんつくったことある?」という質問に対する正しい答えはあるのでしょうか。