みんなの図書館 おとなの夜学  ギフチョウが教えてくれる、人類の足あと ―名和靖ギフチョウ発見の地から―

  • 2021年2月 1日

開催場所岐阜市立中央図書館 シビックプライド・ライブラリー
参加費など無料
備考 昆虫翁・名和靖が岐阜県郡上郡でギフチョウを発見してから137年。この美しい蝶に魅了された二人、郡上にルーツを持つ絵本作家・舘野鴻さんと名和昆虫博物館5代目館長の名和哲夫さんが出会いました。越冬して羽化するギフチョウ独自の生態を通し、私たち人類と日本という島の成り立ちに思いをはせる壮大なトークが展開します。
主催者
(問い合わせ先)
岐阜市立中央図書館 ☎058-262-2924

日 時:令和3年3月25日(木)午後7時~8時半  

※3月1日から変更しました。
※新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、開催時間の変更もしくは中止の可能性があります。
 予めご了承ください。 
  

場 所:岐阜市立中央図書館 シビックプライド・ライブラリー

ゲスト:名和哲夫さん(名和昆虫博物館5代目館長)     舘野鴻さん(画家・絵本作家)

定 員:会場観覧 20名     Zoom視聴 500名

申込み:2月1日(月)より、下記サイトまたは、中央図書館の窓口・電話にて受付
    会場観覧 (中央図書館の窓口・電話、おとなの夜学Webサイトにて受付)     
    Zoom視聴 (下記、おとなの夜学Webサイトより、Web受付のみ)

おとなの夜学Webサイト:http://otonanoyagaku.net TEL/058-262-2924