岐阜に咲いた児童文学 -わたしとコボたち-

  2018/02/16

 2月3日(土)、岐阜の児童文学座談会「岐阜に咲いた児童文学」が開催されました。 岐阜の児童文学雑誌「コボたち」。全国でも珍しい児童文学に特化した月刊誌です。現在は休刊していますが、1972年から21年間、岐阜で出版され、児童文化の発展に寄与しました。「岐阜に咲いた児童文学」は、コボたちから生まれた多くの文学や文化活動に焦点を当て、さまざまな立場でこのコボたちに携わった方からお話を聞く座談会です。ゲストは岐阜児童文学研究会会長の稲垣和秋さん、児童文学作家の角田茉瑳子さん、舞台脚本家のいずみ凜さん、そして、フリーアナウンサーの河村たか子さんです。吉成図書館長が聞き手をつとめ、岸武雄さんが創刊号に寄せた『「コボたち」よ』の詩の朗読からイベントがはじまりました。

 そもそもコボたちは、だれが、どんな思いでどのように始め、作っていったものだったのでしょうか。まず、稲垣さんからその歴史についてお話しいただきました。1962年に5人の有志が創立した岐阜児童文学研究会が、高度経済成長期に急速に発達したテレビや漫画社会に危機感を持ち、「子どもの心を養う良質の文学を提供したい」という思いで作ったものだそうです。 「子どもの本研究会」や「童画研究会」「おやつ委員会」など、たくさんある会から選ばれた作品が編集、掲載され雑誌になります。そこでの経験が創作活動の刺激になったという角田茉瑳子さん。作品を評しあう討論の場は、「自分の中の井戸を掘っていく」作業だったとおっしゃいます。 また、集まってくる作品の編集をされていたのがいずみ凛さん、河村さんはアナウンサーとして番組の取材を通してコボたちに関わられるようになりました。

 コボたちは資金がなく、原稿料も出ない中でたくさんのボランティアの手に支えられてきました。図書館で募集していた「わたしとコボたち」のエピソードにはおむつをした子どもをおんぶして編集室に通った思い出を寄せてくださった方もいます。たくさんの大人が「よってたかって」子どもと文化のことを考えて作ったコボたち。ゲストの方々は宝の山のようなおもしろい場だったと当時を振り返られました。

 コボたちは生きていくために必要な米やパンではありません。ですが、「虹のようなものだ」と稲垣さんは語られました。ふと立ち止まった時に見上げた空にかかっていた虹のように、心が動かされ、いつまでも心に残るものは決して時間が経っても古びてしまうことはありません。角田さんは本は心の栄養とおっしゃいました。ないと幸せになれない、健康にはなれないのが言葉なのだと力強く語られたのが印象的でした。また、角田さんは一番大事なのは感性だと、物はなかったけれど心が幸せだった、「あそぶこと」を作るのが楽しくてしょうがなかった子ども時代についても語ってくださいました。当時、自然の中で命と向き合い全身で会話する中で感性を磨き、たくさんの言葉が生まれました。子ども時代にさまざまなものに触れてきたことが今、書くことにつながっているそうです。  いずみさんは子ども時代はコボたちの読者でした。たくさんの大人が「よってたかって」子どものことを考え作っていたなんて知らなかった子ども時代。たまにぱらぱらと読む雑誌でしかなかったけれど、その「ぱらぱら」がいまでも確実に胸に残っているそうです。大人になり、編集に携わるようになって自分の周りに子どものことをあれだけ考えていた大人がいたのだ、という事実にとても勇気づけられたと話してくださいました。

 座談会を通じて実感したのは「何かをやり続ける大人が居続けること」の大切さです。「コボたち詩コンクール」は現在も続いており今年も2000点以上の詩が集まりました。岐阜には子どもたちによい文学を届けたい、子ども達をみつめていきたいという大人が変わらずたくさんいます。河村さんもおっしゃっていましたが、現在休刊しているコボたちの復刊も夢ではないのかもしれません。ただ昔はよかったと懐かしむだけでなく、未来を見つめ、進んでいく決意をするような会になったと思います。   図書館では展示グローブで「岐阜に咲いた児童文学」の展示を行っています。岐阜の児童文学を巡る動きと、当時コボたちに携わったさまざまな人の思いの一端が垣間見える内容になっています。ご参加くださった皆さんも当時を振り返りながらイベントの後いつまでも展示を見てくださっていました。来館者のみなさんや当日ご参加くださった皆さんからいただいた「私とコボたち」メッセージの紹介などもしています。ぜひ足をお運びください。

コボ座談会.JPG コボ展示.JPG


嘱託員採用試験案内

お知らせ  2018/02/15

下記の通り、岐阜市立図書館 司書嘱託員を募集します。

◆申込受付期間
 平成30年2月19日(月)~平成30年3月4 日(日) ※2月27日(火)を除く
◆ 採用予定日
 平成30年5月1日以降 (原則)

1 職種及び採用予定数
職    種:図書館司書嘱託員
採用予定数 :若干名
職 員 種 別:非常勤嘱託職員
職 務 内 容:窓口業務、図書館サービス業務全般(パソコン操作業務含む)

2 受験資格について 次の①~②の要件を満たす人
① 司書資格を有する人、もしくは平成30年3月末までに取得見込みの人
② パソコン(ワープロ及び表計算ソフト)の操作ができる人

3 受験手続
(1)申込み方法  履歴書(市販様式で可)と、指定(本お知らせ掲載)の「受験申込書」・「受験票」に必要事項を記入の上、郵送又は直接岐阜市立中央図書館へお申し込みください。 ※郵送で申込書を請求する場合は、封筒の表に「岐阜市立図書館司書嘱託員採用試験申込書請求」と朱書きし、120円切手を貼った受験者の郵便番号・住所・氏名明記の返信用封筒(角型2号)を同封してください。

(2)受付期間  
平成30年2月19日(月)~平成30年3月4日(日)の午前9時から午後8時まで  
※郵送の場合は、平成30年3月4日(日)必着です。消印有効ではありませんので、ご注意ください。

(3)申込書提出先:〒500-8076  岐阜市司町40-5
           岐阜市立中央図書館  058-262-2924            

4 試験の日時 、会場及び結果通知
<第1次試験>
(1)試 験 日     平成30年3月11日(日)
(2)試験時間     午前10時受付開始 午前10時30分開始 正午終了予定
(3)試験会場     岐阜市役所 西別館(岐阜市江川町27番地)     
            ※会場は変更になる場合があります。
(4)合格者発表     平成30年3月中旬
<第2次試験>
(1)試 験 日     平成30年3月25日(日)
(2)試験時間・試験会場     詳細については、第1次試験合格者発表の際、お知らせします。
(3)合格者発表     平成30年4月上旬

試験要綱(PDF).pdf

受験申込書・受験票(Excel).xlsx
受験申込書・受験票(PDF).pdf

◆ 試験についての問い合わせ先
岐阜市立図書館 管理係
〒500 -8076  岐阜市 司町40番地5  ℡058 -262-2924


にゃんこカートの愛称を募集します!

お知らせ  2018/02/15

図書館の「おはなしカート」に新しい仲間が増えました! おはなし会をするにゃんこカートの名前を大募集します。

募集期間:平成30年3月11日(日)まで

応募資格:3歳から小学生まで

応募方法:岐阜市立中央図書館の児童エリアにある応募用紙に記入し、設置してある投票箱に入れてください。記入漏れがあると無効になります。
※電話やメールは不可

選考方法:応募の中から、館長や図書館司書が選定した数点について、来館した子どもたちに投票してもらい、一番票の多かった愛称を採用します。

発表:平成30年5月3日(木・祝)




③パレード_s.JPG











わんこカート『きらら』(昨年のえほんフェスティバルの様子)

③にゃんこカート_s.jpg










新しい仲間、にゃんこカート


ほん×まちトーク~まちの中に本棚を~

  2018/02/14

平成30年3月16日(金)19時00分~20時30分
2階 中央図書館 南東読書スペース

ぎふのまちの中やお店の中には本棚があります。読んでくつろいだり会話のきっかけになったり。
本のあるお店を開く4人のゲストとカンチョーが、「ほん」と「まち」をテーマに縦横無尽にトークを繰り広げます。


会 場:中央図書館 南東読書スペース (みんなの森 ぎふメディアコスモス 2階)

日 時:平成30年3月16日(金)午後7時~8時30分

ゲスト:津田 芳子さん(喫茶 ヨジハン文庫)     
    樋口 尚敬さん(喫茶 星時)     
    堀江 俊宏さん(ビッカフェ)     
    山本 慎一郎さん(山本佐太郎商店)

聞き手:吉成 信夫(図書館長)

定 員:先着50名(要申込)

参加費:無料

申込み:中央図書館カウンターまたは電話・E-mailにて受付E-mailの場合は氏名・イベント名を明記ください。

問合せ:中央図書館 
TEL/058-262-2924   E-mail/fb-kouhou@gifu-lib.jp


読み聞かせ教室

  2018/02/08

平成30年3月2日(金)10時00分~11時00分、
平成30年3月9日(金)10時00分~11時30分
第1回:1階 おどるスタジオ
第2回:2階 おはなしのへや・親子のグローブ

長良川大学講座「読み聞かせ教室」参加者を募集します。

ご家庭での読み聞かせ(お子さんやお孫さんにどんな絵本を読んだらいいのか、どんな絵本を選んだらいいのか)についての講座を開催します。 お子さんと一緒に参加できます。(2回連続講座)


日時・内容:第1回:平成30年3月2日(金) 午前10時~11時   
         「本の選び方、読み聞かせの方法」(初心者向け)       
        第2回:平成30年3月9日(金) 午前10時~11時30分   
         「読み聞かせをしてみよう」(実践)

講 師:杉山 喜美恵さん(東海学院大学短期大学部 教授)

場所:みんなの森 ぎふメディアコスモス
    第1回:1階 おどるスタジオ
    第2回:2階 おはなしのへや・親子のグローブ

定 員:お子さんとその保護者 15組(先着順)

受講料:無料

申込み:平成30年2月19日(月)午前9時より、中央図書館窓口または電話にて受付。

問合せ:中央図書館
TEL/058-262-2924


2018年
2017年
2016年
2015年