睡眠について何かお困りのことはありませんか?一日の大部分を占める睡眠。こちらの展示では「眠りとは?」「気持ちよく眠るためには?」「睡眠の悩みを解決するには?」といったテーマごとに睡眠の悩みにアプローチしたものから、アロマやハーブ、お香などのリラックスアイテムについての本などを集めています。

展示の中で特に注目していただきたいのは、「昼寝はしてもいいの?」「夜勤明けの睡眠方法は?」そんな疑問が書かれた吊り下げ式のPOP。こちらのPOPをクルッと裏返してみると......なんと、その答えが書いてあります!是非ご確認ください。

IMG_6355_s.JPG

睡眠について特に困っていることはないんだけどな......そんなあなたには、睡眠にまつわるお話を集めた「睡眠エトセトラ」もオススメです。夜のお供にいかがですか?
自分に適した「眠り」が見つかりますように。

IMG_6351_s.JPG

IMG_1133_s.JPG

女優のサヘル・ローズさんを招き、トークイベントを開催します。
このイベントの観覧者を募集します。

日 時:11月23日(火・祝)午後1時~午後2時30分
場 所:みんなの森ぎふメディアコスモス 1階 みんなのホール
出演者:サヘル・ローズさん(女優)
定 員:【会場観覧】100人
    【Zoom観覧】400人
参加費:無料
申 込:10月23日(土)午前9時から受付開始(先着順)、申込受付は11月23日午前11時まで。
    1組2名まで応募可能。
    イベント名、申込者全員の名前、電話番号、人数、観覧方法(会場かZoom)を明記の上、お申し込みください。観覧方法によって受付が異なりますのでご注意ください。
    ●会場観覧:電話、Eメール、直接中央図書館窓口へ。
    ●Zoom観覧:Eメールのみ。

問合せ:岐阜市立中央図書館(岐阜市司町40-5)
電話:058-262-2924 Eメール:moushikomi@gifu-lib.jp

会場ではマスク着用・検温など、感染症対策へのご協力をお願いいたします。
感染症拡大の状況により、開催方法の変更や中止の可能性がありますのでご了承ください。

岐阜市立中央図書館内、展示グローブの前にある川舟型の読書スペースでは芸術の秋にちなみ、岐阜県美術館で行われている『20世紀の美術』展とコラボして関連本を展示しています。
題して、「美術家からの招待状~20世紀美術編~」

展示では印象派としても名高いルノワールや影を追求したルドンをはじめとする多種多様な顔ぶれを図書館の所蔵する画集を中心に集めています。どこから手を出していいか分からない!そんな時の助けになれば幸いです。
20世紀美術を本の世界からたどってみる芸術の秋。あなただけの素敵な作家が見つかりますように......

展示の本はこちらからご予約いただくこともできます
『20世紀の美術』展の詳細についてはこちらをご覧ください。また、岐阜県美術館ホームページもあわせてご覧ください。

mainpop.jpg

kawabune1.JPG

kawabune2.JPG

 さて、10月に入り、今年もいよいよ『ぼくわた』の季節がやってきました。今回のブログは初めてこのイベントを担当することになった司書Tがお送りします。 中高生たちが自ら書いた、短い小説、『ショートショート』を直木賞作家の朝井リョウさんに読んでもらおうではないかというこの企画。開館当初から続いている我が図書館の人気イベントも、今年で7回目を迎えました。今年集まった作品は、なんと過去最多の162作品!担当もうれしい悲鳴を上げながら1作1作大切に読ませていただきました。 中高生のみなさんが作品に込める熱量をひしひしと感じながら時に遠い学生時代を思い出してきゅんとしたり、手に汗握る展開にハラハラドキドキしたり。この作業は、毎年大変だけどとても楽しい時間です。
  また、集まった作品はすべて朝井リョウさんにも読んでいただき、当日朗読してもらう8作品を選考していただきました。コロナ禍で緊急事態宣言も出ている中だったため、昨年に続きオンラインミーティングのZoomを使っての選考となりました。
 選考の日の朝はシャツのボタンをかけ間違えるなど、朝井さんとの打ち合わせに緊張していた私こと司書T。もうひとりの担当者Mさんも前日からソワソワ・・・そんな私たちの緊張をよそに、朝井さんはとても気さくに、けれども真剣に選考に臨んでくださいました。
 「中高生ならではの視点は、読んでいてやっぱり楽しいですね。」と朝井さん。そして「私も中学生のときはいろいろ・・・ね」とポツリ。そのつぶやきを聞いて、以前読んだ朝井さんのエッセイを思い出しました。 それは、直木賞を受賞されたときに朝井さんが書かれた「ルーレットの目」という作品。このエッセイでは自分が書いた小説を学校の先生に読んでもらってかけてもらった言葉が励みになった話など、朝井さんの子ども~中高生時代の『小説を書く自分』にまつわるエピソードが多数書かれているのです。(こちらのエッセイは「時をかけるゆとり」(文藝春秋)に収録されています。) 朝井さんもそうであったように、今回応募してくれた162作品の作者のみなさんにとっても、『誰かが自分の作品を読んでくれたこと』、またそれがほかでもない朝井リョウさんであることは今後の大きな原動力、チカラになるのではないでしょうか。ショートショート発表会が中高生のみなさんにとってのそんな場になればいいなという願いを込めて、いま準備を進めています。

今回朝井さんに選ばれた作品はこちら!

① 眠りのテクニック
② 報告書
③ 黄色テープ
④ 風鈴農園
⑤ 「好き」は宙に舞う
⑥ マイ・オウン・スペース
⑦ 赤と黒
⑧ カエルグラス

 タイトルを見ただけで、『どんな作品なんだろう?』とわくわくするのではないでしょうか。
今年は岐阜市内、県内にとどまらず日本全国から精鋭がそろいました。あいにく会場観覧はすでに定員に達してしまったのですが、今回のイベントはZoomで配信しますので、遠方にお住まいの方にも観覧していただくことができます。Zoom観覧は引き続き大募集中です。ぜひ、新しい歴史の1ページをともに見届けてください。
また、図書館エントランスでは過去の作品集を読んでいただける展示も行っています。そちらもあわせてお楽しみください。

日 時:令和3年11月14日(日)午前10時半~正午

場 所:岐阜市立中央図書館 シビックプライドライブラリー 

申込み:中央図書館の窓口または電話、Eメールにて受付。
    
課題本:『蜜蜂と遠雷』恩田陸/著 幻冬舎 
    ※本はご持参ください。
  
曲目:『蜜蜂と遠雷 ピアノ全集』より 
   バラキエフ「イスラメイ(東洋的幻想曲)」ほか

問合せ:中央図書館 TEL/058-262-2924 Eメール/moushikomi@gifu-lib.jp

並木道読書会Vol.29

  • 2021年10月 8日

日 時:令和3年11月7日(日)午後18時~19時

場 所:みんなの森 ぎふメディアコスモス 1階 おどるスタジオ

テーマ作品:朝井リョウさんの作品であればなんでも

申込み:中央図書館の窓口または電話・Eメールにて受付。
Eメールでお申し込みの際は、氏名、語り合いたい朝井リョウ作品、連絡先(電話番号またはEメール)を明記。        ※参加申し込みが少ない場合や、新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催を 中止する可能性があります。

  問合せ:中央図書館 TEL/058-262-2924 Eメール/moushikomi@gifu-lib.jp

岐阜市立図書館では、蔵書点検(資料の点検)のため、下記の日程で長森図書室、柳津図書室を休館いたします。休館中は予約の受取り等ができません。ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解・ご協力をお願いいたします。

10月13日(水)~15日(金) 長森図書室
11月9日(火)~11日(木) 柳津図書室

休館中はブックポストへ返却をしていただけます。(視聴覚資料など一部ブックポストをご利用いただけない資料もございます。)

問い合わせ先:岐阜市立中央図書館 
電話:058‐262‐2924

岐阜市立図書館だより10月号を発行しました。
岐阜市立図書館の各館・室で配布中ですので、ぜひ手に取ってご覧ください。

岐阜市立図書館だより10月号 ダウンロード用PDFはこちら 児童版 岐阜市立図書館だより10月号 ダウンロード用PDFはこちら
2021.10月おたよりHPサムネイル.jpg

児童おたより.jpg

企画展示:図書館まつり2021 分館成人式

期 間:10月20日(水)~11月8日(月)
場 所:岐阜市立図書館分館 東口コーナー
問合せ:岐阜市立図書館 分館(岐阜市橋本町1-10-23) 
    TEL:058-268-1061