ブログ

 6月4日、柳ヶ瀬のロイヤル劇場ビル2FのやながせRテラスにてまちライブラリアン養成講座「本と人とまちをつなぐスペースづくり」が行われました。講師は静岡県焼津市で私設図書館「みんなの図書館さんかく」を
立ち上げた館長の土肥潤也さん。

IMG_8758_sizechange_s.jpg

 「みんなの図書館さんかく」は、土肥さんが商店街の人たちと協力して空き物件を借りて一からつくった場所です。館内にはDIYで作られた本棚が並び、まちの人が自分の本で自由に本棚をつくれる「一箱本棚オーナー」制度というユニークな取り組みに使われています。オーナーは現在55人いて、キャンセル待ちも出ているとのことで、オーナーになるとお店番をする権利、休憩スペースにマグカップを置く権利が与えられます。また、「さんかく」内にはチャレンジショップの出店もできるなど、たくさんの人が主体的に関わることで、運営されているのが印象的でした。
 土肥さんはご自身の過去の経験から自分を表現し、人生の主人公になることで、結果的にまちにも関わっていけるのではないかと思い、自分を表現できる場所をつくろうとしました。その一つが「一箱本棚オーナー制度」なのだそうです。

IMG_8760_sizechange_s.jpg

 後半はぎふメディアコスモスの吉成総合プロデューサーとの対談が行われました。主な話題は本がつなぐ人々のゆるやかなコミュニティの運営について。その中でも印象的な話を1つ紹介します。

IMG_8784_sizechange_s.jpg

 「さんかく」には自由に食べることができるお菓子があるのですが、1個お菓子を食べたら、別のお菓子を1個継ぎ足すというゆるやかな決まりがあります。そうした「お菓子を分け合う」人々の動きから見えてくるのは、お金を使ってお客さんとしてサービスを受けるのではなく、他人とゆるやかなつながりを築きながら、1人の個人として主体的に関われるコミュニティの姿です。
 本にしても、お菓子にしても、自分の持っているものをシェア出来る場がまちの中にあることの大切さについて、お2人とも言葉を交わされていました。

悪天候もあり参加者は3名でしたが、
所蔵本の汚れを落としながら和気あいあいとした時間を過ごしました。
ボランティア活動中の体験談にはお互い「あるある」と相槌の打ち合い。
終了後の「楽しかったぁ~」の一声、私たちもうれしかったです。

今回は作業に先立って、普段は職員しか入れない閉架書庫の見学会を開催。
イベント用や保存が目的の資料や、利用者さんの希望に応じて職員が取りに行く
資料がおいてあり、2階や1階の「本の蔵」とは全く違う可動式の書架や資料に
普段とは違う図書館の一面を見てもらえたかと思います。

図1.jpg

今年度は秋にもう一度開催を計画しています。
色々企画も練っていますので、ご参加お待ちしています。
その時こそは、お茶を飲みながらお話をする文字通りの「茶話会」ができますように!

5月3日(火・祝)に「こどもの日のおはなし会」を開催しました!
昨年は残念ながら中止となってしまいましたが、今年は感染症対策をしながら行いました。

はじめは手遊びからスタート。大型絵本の「ぴょーん」では掛け声とともに
親子でぴょーんと飛ぶ姿に和やかな雰囲気で始まりました。
通常は絵本1冊を読みますが、今回は「ぼくのおべんとう」「わたしのおべんとう」
の2冊を交互で読みました。お弁当という身近な内容でいつもと違う読み方に
子どもたちも興味津々!親子で顔を見合わせて食べる真似をしていました。
また、エプロンシアターの「3びきのこぶた」では知っている内容ながらも
「次はどうなるの!?」と皆さん目をキラキラさせて聞いていました。

最後はこどもの日が近いこともあり、新聞紙でかぶとを作りました。
折り紙ではなく、新聞紙で作った大きなかぶとを頭の乗せているのがとても微笑ましかったです。
子どもたちがかぶとをかぶったまま笑顔で手を振って帰る姿を見て私たちも元気をもらえました。

エプロンシアターや紙芝居、新聞紙を使ったお話など
いつもよりちょっと特別なおはなし会になりました。

参加していただいたみなさん、ありがとうございました!

写真1.jpg写真2.jpg

 新しくシビックプライドライブラリーに入った本たちをご紹介します。

「自分を表現する方法」としてラップを授業に取り入れた『ヒップホップ・ラップの授業づくり』が[オルタナティブな教育]に仲間入り。
「学ぶこと」は新しいことを知るだけでなく、考えたり、互いに話し合ったり、表現したりすることも大事な要素です。

地域とのつながりや、まちの困りごとを自分事として捉えたり、内にある思いを身体で表現する方法、働き方や役割を見直しするなど、ヒントとして取り入れたくなる本を充実しました。

 いまこの状況だからこそ、様々な視点を積極的に取り入れて「なにができるか」を考える足がかりにしていただけたら、と思います。

 ※シビックプライドライブラリーについては、コチラの記事もご覧ください。  
 シビックプライドについては、シビックプライドプレイスのホームページも合わせてご覧ください。

【シビックプライドライブラリー 新着図書リスト】

書名 著者名/ほか 出版社 棚の場所
1 竹内レッスン! からだで考える 竹内敏晴/文 森 洋子/画 ほか 藤原書店 緑12身体感覚を取り戻す
2 センス・オブ・ワンダー レイチェル・カーソン/著 上遠恵子/訳 新潮社 緑12身体感覚を取り戻す
3 自由をつくる 自在に生きる 森 博嗣/著 集英社(集英社新書) 緑13オルタナティブな教育
4 ヒップホップ・ラップの授業づくり 「わたし」と「社会」を表現し伝えるために 磯田三津子/著 晋平太(ラッパー)/協力 明石書店 緑15オルタナティブな教育
5 NEUTRAL COLORS ISSUE 2 (2021 SPRING) 特集:子供が初めて学校に入る朝のこと NEUTRAL COLORS 緑15オルタナティブな教育
6 NEUTRAL COLORS ISSUE 3 (2022 SPRING) 特集:大人になって見る行きたい学校の夢 NEUTRAL COLORS 緑15オルタナティブな教育
7 学校と社会をつなぐ! これからの人づくり・学校づくり・地域づくり 藤原文雄、生重幸恵、竹原和泉ほか/著 学事出版 緑15オルタナティブな教育
8 大人を本気にさせる子どもたち 社会とつながるリアル・プロジェクト学習 福田 晃、山田滋彦/著 さくら社 緑15オルタナティブな教育
9 SDGsな生活のヒント あなたの物の使い方が地球を救う タラ・シャイン/著 武井摩利/訳 創元社 緑17みんなでつくるみらいのカタチSDGs
10 モノから学びます 今日がもっと好きになる魔法 イム・ジーナ/著 呉 永雅/訳 KADOKAWA 緑18みんなでつくる未来のカタチSDGs
11 食べる経済学 下川 哲/著 大和書房 緑18お金=経済じゃない!
12 ワーケーションの教科書 長田英知/著 KADOKAWA 緑18お金=経済じゃない!
13 ワーク・ファミリー・バランス これからの家族と共働き社会を考える 高橋美恵子/編 慶應義塾大学出版 緑18お金=経済じゃない!
14 子育てしながらフリーランス カワグチ マサミ/著 左右社 緑23なりわいを持つ
15 お母さんが1番!からの解放 「固定観念」と「思い込み」を捨てる!! てらい まき/著 KADOKAWA 緑25いのちと向き合う
16 おんなのじかん 吉川トリコ/著 新潮社 緑33いのちと向き合う

 

4月3日(日)13時~、小中学生を対象としたライブラリークラブイベント、
「科学する絵本 地球がうみだす土のはなし」を開催しました。

「科学する絵本」は、科学にまつわる絵本の朗読と、専門家のお話で構成する講座で、
これまでに3回開催してきました。今回のテーマは『土』。「地球がうみだす土の話」という絵本を入り口に
岐阜大学准教授の大西先生から長い時間をかけて生き物と地球が育んできた土の不思議について、
実験などを見せていただきながら話を聞き、みんなで楽しく学びました。
大西先生は第1回の「地球を旅する水のはなし」に続き2回目の登場です。 

はじめに絵本『地球がうみだす土のはなし』の朗読からスタート。フリーアナウンサーの
浅井彰子さんの朗読を、会場に設置された大きなスクリーンにうつされた絵本を見ながら聞きました。

IMG_8346.JPG

そして「土を観察してみよう!」ということで見せていただいたのは、「土の?ぎ取り標本」。
地面を深くまで掘り、断面に接着剤をつけて布を当ててはぎとる、という方法で作られた本物の土です。土の表面から、普段は地面の奥深く、目に見えないところにある土までを地層のように一目で見ることができます。

数人ずつ順番に、じっくり近くで観察してもらいました。子どもたちは観察から、"土の上のほうは色が黒く、
ふかふかしていること" "下に行けば行くほど黄土色でごつごつ、ぱさぱさしていること"
"木の枝や葉っぱが混じっていること"などたくさんのことを発見。発表を聞いた大西先生から
「みんな土博士になれそうだね!」と言われていました。

IMG_8358.JPG

そのあとは土にまつわるさまざまな『不思議』をクイズや実験で学びます。
「2.5cmの土が作られるのにどれくらいの時間がかかる?」や「家にあるもので粘土を使っているものは?」
など、クイズでは積極的に手が上がり、また、「細かい砂と荒い土、どちらがより多くの水を吸い上げるのか?」を実演する先生の手元に注がれるみんなの熱い視線!
みんなの「知りたい!おもしろい!」という静かだけれど熱い気持ちが伝わってきました。

IMG_8382.JPG

これからも子どもたちの『知りたい!』のスイッチを押せるような楽しいイベントをやっていきたいです。
ご来場のみなさん、ありがとうございました!

3月26日(土)、ぎふメディアコスモス1階にシビックプライドプレイスがオープンしました。
一般公開に先駆けて1週間前の3月20日、この新しくできた魅力的なエリアを子ども司書たちと
取材してきました!メディアコスモスの職員さんの案内で、こっそり内部へ潜入!
この時はまだ、白い幕でおおわれて外からは中がどうなっているのか、わからないようになっていました。

さて、シビックプライドって、なんなのでしょうか?
「誇り」というとすこし難しく感じますが、ひとりひとりの心の中にある、
岐阜市の「いいな」と思うトコロ、それを「好きだな」と思うコト、
そしてそんな気持ちを、誰かとつながりながらどんどん大きく育てていくこと。
そうすることで岐阜での暮らしがもっと楽しく、豊かになっていくはずです。

今回オープンした「シビックプライドプレイス」は、過去・現在・未来にわたる岐阜の魅力を伝える、
情報集積のシンボルエリア。コクーン(まゆ)の形のドームには金華山が描かれ、
長良川を模した流れる川のような形のカウンターがあったり、
和傘や岐阜提灯といった伝統工芸品を自由に手に取ることもできたりと、そこにいるだけで、
「岐阜」を感じることができます。

カウンターにあるタブレット端末をつかって、自分だけのオリジナルおさんぽマップを作れる
「まち歩きステーション」で、子どもたちはカフェの写真を見ながら「おいしそう!行ってみたい!」
「こんなお店知らなかった!」と盛り上がっていました。
また、古地図、古い写真から岐阜を知ることができる「ぎふ歴史ギャラリー」では、
家族で行ったことのある場所の昔の様子を見てみたり、「歴史は好きじゃないけど、
これはおもしろい!」と興味津々。シビックプライドプレイスに集まった情報をきっかけに
子どもたちどうしでたくさんの会話が生まれていました。

図2.png図1.png

そして子どもたちが一番盛り上がっていたのがセレクトブックシェルフに置かれた「岐阜な人カード」。
信長公や昆虫翁名和靖などの岐阜の偉人や、伝統工芸の職人さんなど
現在岐阜でユニークな活動をしているひとたちがしおりサイズのカードで紹介されています。
36種類あるカードは自由に持って帰っていいと聞いて、早速全種類持って帰った子もいました。
ラジオでは、カードに書かれた「謎多き姫」「初恋はやぶれた」など
その人をあらわすキーワードを使ってクイズ形式で「岐阜な人カード」を紹介しました。

このシビックプライドプレイスの大きな特徴は、「まだ完成していないこと」。
それは現在も工事中、ということではなくて情報収集のためにまちに出かけたり写真を集めたり、
市民の皆さんと一緒になって、これからも情報を増やし続ける、ということ。
案内してくださった職員さんの「この場所は永遠の未完成な場所なんですよ」という言葉に、
「永遠の未完成ってなんかかっこいい!」と子どもたちも盛り上がり、
ラジオでもばっちりその言葉で紹介してきました。

図13png.png

子どもたちの「シビックプライドプレイスレポート」はラジオで
4月12日(火)~17日(日)にFMわっちでお聞きいただけます。

シビックプライドプレイスを利用すれば、初めて岐阜を訪れた人がさまざまな岐阜の情報を得ることが
できるのはもちろん、ずっとここに住んでいる人もきっと新たな「岐阜」を見つけられるはず。
メディアコスモスにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください!

3月23日(水)、2021年度のボランティア活動を振り返る報告会と交流会を行いました。
報告会では写真などによる各館・各図書室それぞれの活動の様子の紹介を中心に
事前にボランティアの皆さんから募ったメッセージカードの紹介などをできるだけコンパクトにまとめて行いました。
昨年同様、コロナ禍で休館するなど多くの制約があった中たくさんのボランティアに活動いただき、職員一同とても感謝しています。

来年度こそ以前のような活動ができますように!
図1.png

続く交流会では、それぞれ持参の「推し本」のPOPを作成した後少人数のグループに分かれて一人ずつ本の紹介をしました。
推し本に対する熱い思いを語ったり、質問を受けたりと時間がもっとあればいいのにと思いました.
図2.png

当日作ったPOPは4月1日(金)より中央図書館エントランス周りに本と並べて展示しています。
またメッセージカードも、報告会で紹介できなかったカードを含め全てメディアコスモス1階にある協働のへやに展示しています。

どちらもぜひご覧ください。
図3.png

令和4年3月12日(土)人権イベントを開催しました。
今年度のテーマは岐阜に住んでいる外国人!

岐阜に住んでいる外国人の中からスペインとシリアの方が来てくれました。
国際交流団体協会の市來さんにインタビュアーをしてもらって、
日本に来たのはどうして?
日本語の好きな言葉は何?
教育は違うの?
岐阜のことどう思ってる?など
岐阜に住んでいる外国の方の声をお聞きしました。

良かれと思って「日本ではこう......」「日本ではこう......」と言ってくれるのはわかる。
日本のことはまだ知らないけれど、祖国で一人前の大人になって、
1人できちんとできている外国人にはあまりうれしくないアドバイスとのこと。
外国人でも、宇宙人でも、分かりあいたいと思うことが大事。
言葉が通じなくても、仲良くしたいんだよと思って声かけていることは伝わるはず。

日本語で話ができても、日本語は読めないという方も多いそうで、
お知らせひとつにも、もしかしたらと思うことは大事なのではと思いました。

今回イベントは終わってしまいましたが、多文化共生をテーマにエントランスグローブにて、
本の展示を3月末まで行っています。気になる方はぜひお越しください。

人権写真②.png人権写真①.png

 2月25日(金)、長良川大学講座「読み聞かせ教室」を開催しました。
ご家庭での読み聞かせについて、講義と実践で学ぶ二回連続講座が予定されていましたが、新型コロナウイルス感染症対策のため、残念ではありますが日程を変更し、Zoomによるオンライン講座のみの開催となりました。

 今回、講師としてお招きしたのは、東海学院大学短期大学部教授・杉山喜美恵先生です。これまでに開催された「読み聞かせ教室」でも、講師としてぎふメディアコスモスにお越しくださっている杉山先生ですが、今回はZoomでの開催ということで、モニターの向こうからお話を聞かせてくださいました。講師の先生も参加者の方々も皆が画面上に集う、オンライン講座ならではの光景が広がる中、読み聞かせのあるべき姿やもたらす作用、おすすめの絵本などについていきいきと語る杉山先生。参加された皆さんも、一生懸命に耳を傾けていらっしゃいました。

 お話の中で印象的だったのは、絵本と関わる上での大原則として挙げられた「絵本と関わる時間を楽しいものにする」という言葉です。幼い子どもは特に、楽しいこと、やりたいことに興味が向きがちです。ひるがえって、一度「いやなこと」だと印象づくと、その対象にさわらなくなってしまう可能性があるとのこと。そのため、絵本とふれあうときは子どもの探求心や興味を大切にすること、また大人の方も、絵本を通じて子どもとの対話を楽しんだり、何度も読んでいる絵本から新たな発見をしたりと、親子で絵本との関わりを楽しむことが大切であるとのお話を聞き、なるほどと腑に落ちる思いでした。

 オンライン講座という変則的な環境ではありましたが、参加者の方々からは好意的なご意見も多くいただき、ホッとしています。楽しく、ためになる講座をしてくださった杉山先生、参加してくださった皆さん、ありがとうございました。