ブログ

 2月27日(水) メディアコスモス1階みんなのホールで、平成31年度図書館ボランティアに応募いただいた新規ボランティアの説明会と、今図書館で活動いただいているボランティアの研修会を行いました。

 3月16日にも同じ説明会と研修会があってネタバレになってしまうので、詳しい内容はまた今度UPしますね。

 今回だけの内容は研修会の後半、14:15からのおたのしみ講演会です。 ボランティア研修の一部ですが、せっかくなので「たくさんの方に見てもらいたい!」と思い 「図書館で本の話を聞きませんか?」と、ボランティア以外の方にも公開しました。

 今回は図書用品と製本のタナカの田中稔氏から、「本」について「ボランティア」について、自由にお話しいただきました。

 物を作る人は日常で物を見る時、私たちとは見るところが違いますね。
「製本屋のオッサンたちは時刻表を開いて背の糊付け具合に0.5ミリのズレがあるのは分かるけど、中身は老眼でよく見えてない!」とユーモアたっぷりに語ってくださいました。

 ボランティアと図書館が守っていく最も大切な存在は「子ども」。
子どもを図書館に連れて行く習慣が、大人になった子どもが、さらに自分の子どもを連れてくるという繰り返しで図書館も街もにぎやかになっていくなど、ご自身のお子さんの図書館デビューにはりきった親バカエピソードも交え、図書館の未来をお話してくださって本の中身だけではなく、外身も気になってくる賑やかなお話が聞けました。

 製本とボランティアの話は2月27日だけですが、
3月16日(土) 14:15から、「EditGIFU」という岐阜の本を作ったギフノート編集室の高野直子氏をお招きして、情報を編集し、本を作る過程や裏話などをお聞きします。

事前予約不要、当日参加OK、無料ですのでぜひ興味のある方は、ぎふメディアコスモス みんなのホールへお越しください。

田中氏(0227ブログ用)_s.jpg

 みんなの森ぎふメディアコスモスの「みんな」というフレーズを、岐阜市立図書館は大切にしています。
この「みんな」というのは日々この図書館に来てくださるひとりひとりの利用者のこと。ただ本を貸し借りするだけではなく、ここに集まるみんなが本を通じて言葉や想いを交わす居心地のいい居場所、そんな場所にこの図書館がなっていけたら、と願ってきました。

 そんな願いをかなえる道具のひとつとして、今回「みんなとつながるバッグ」を作りました。
子ども達も、お父さん、お母さんも、おじいちゃん、おばあちゃんも、誰もがいつでも使える、みんなのバッグです。
 「みんなとつながるバッグ」は、名高いデザイナーやプロの人にお願いして作ってもらうのではなく、岐阜のみんなで作りたい。
だからデザインも公募しました。県内の11事業者から応募があり、どれもデザイン性が高く、制作にかける想いやその過程に、それぞれの物語がありました。

 力作ぞろいの11案の中から決まったのは市内のNPO法人クローバの「あずま袋」型のバッグです。
持ち手の結び方によって手提げにも、肩掛けにもなるバッグはNPOのメンバーで、手作り好きな主婦の方々が共同でデザイン、縫製までを手掛けたそうです。
 シンプルなデザインのバッグはボタンやバッジでアレンジしたり、その日の服装や気分で持ち方を変えてみたり、いろんな楽しみ方ができそうです。

図書館バッグ_s.jpg

 完成したバッグは現在、エントランスグローブで展示中!3月21日から、中央図書館で1個千円で販売を予定しています。みんなのバッグ、ぜひ手に取って見てください。お楽しみに!

図書館バッグ2_s.jpg


 1年に1回発行しているYA(ヤングアダルト)のための、YAによるYAおすすめ本ブックリスト「別冊ほんまるけ」の編集委員会を1月19日(土)と2月2日(土)の2日間にかけて、開催しました。
 「大好きなこの本をぜひともおすすめしたい!」という熱い思いを持った中学生11名が集まりました。
自己紹介では、参加しようと思った理由やおすすめ本の紹介をしていきます。ただ「本が好き」なだけでなく、「人に本をおすすめするのが好きで・・・」と言っていた子が多かったのが印象的でした。
最初はお互い硬い表情でしたが、本の紹介をしていくうちに少しずつ雰囲気もやわらかくなっていきました。

ほんまるけ2_s.jpg

 編集委員会1回目の19日は、ブックリストに載せる本の紹介文の原稿を各自で作る作業です。
どんな言葉で、この本のおもしろさを人に伝えればよいのかと、「渾身の1冊」をおすすめする文章を考え、手書きやパソコンを使って、自分の言葉で綴ります。手書き派はかわいいイラストを書き添えたり、色を塗ったり、パソコン派は強調したい一文の字体や文字の大きさを変えたり、文字の色を変えたりと、11人それぞれ工夫を凝らして、個性たっぷりのページが完成しました。
  2回目の2月2日は、前回完成した自分のページの校正からはじまりました。試し刷りされた原稿をそれぞれ真剣に見直し、色の出方や誤字脱字の有無を確認します。
 本の紹介ページ作りに続いて、今度は表紙のイラストとテーマカラーを決めます。表紙イラストは、事前に「Call Out! 今の気持ちを叫べ!!」というテーマでYA世代に募集をしていました。集まったイラストの中から、どれを表紙にするのか、裏表紙にするのかみんなで話し合って決めていきました。

ほんまるけ_s.jpg
 
 こうして作られたYAによる、YAのためのおすすめ本ブックリスト「ほんまるけ」、どんな冊子になるのでしょうか。
発行をお楽しみに!

 昨年夏の子ども司書養成講座で20人の4期生が生まれ、はや半年。
子ども司書が毎月作っているラジオ番組、「小さな司書のラジオ局」の番組作りに、先月から4期生も加わりました。月に2回、第3日曜と第4日曜にあつまって番組作りをしています。1月27日の日曜日、4期生にとって2回目の収録日を迎えました。

 テーマは「男子⇔女子へのギモン」と、「みんなのまわりの都市伝説」。
3期生ひとり以外は全員4期生ということで、どうなるだろう!?とドキドキしながらの本番です。
「男子⇔女子へのギモン」チームは、女子は筆箱をどうしてあんなにしょっちゅうコロコロ変えるんだろう?という男子からの素朴な疑問や、男子ってどうして教室の後ろでいつも騒いでいるの?という女子からのギモン。それぞれ本音をぶつけ合いました。
 都市伝説のチームは図書館の本で調べたり、知っている怖い話をいくつも紹介。
「どうやったら怖さが伝わる?!」とみんなで考え、しゃべり方や間のとりかたを工夫したりしました。
お客さんが笑ってくれたり、うなずいてくれたり、反応のよさに達成感を感じた子も多かったのではないでしょうか。
これからもみんなで助け合い、楽しんで番組を作っていってほしいなと思います。2019年も子ども司書の活躍にご注目ください!

子ども司書_s.jpg

 そして中学生チームは企画会議の日、ある特別なワークショップをカンチョ-と実施していました。
昨年末、YA(ヤングアダルト)エリアの談話のへやにブックスタンド付きの大きな黒板が登場しました。
これからこの黒板を使って、どんなことができるだろうか、この部屋がどうすればYA世代のみんなにとって居心地のいい場所になるだろうか、ということを考えていく第一歩として実施したワークショップでした。
  自分の好きな本を、自分の好きなように集めた自宅の本棚と違い、図書館の本は手に取っただれかを勇気づけるかもしれない。笑顔にできるかもしれない。
 だから、ただ自分が好きだから、という理由ではなく、「こんな人に読んでほしい」とおススメしたい相手を思い浮かべて本を選びます。そして黒板に取り付けたブックスタンドにその本を置き、それぞれどんな思いでその本を選んできたのか自分の言葉で語り、黒板に言葉をのせていきました。
 それを見ていた子たちのコメントも黒板に描かれ、1冊の本から生まれた思いが言葉となって生き生きと育ち、黒板を彩ります。
大切な本を一人で読むのも楽しいけれど、みんなで言葉を交わすと思いがけない化学反応をおこし、もっと面白いことが待っているのかもしれない。そんなことを予感する時間となりました。
 この部屋のこの黒板はいずれYA世代のみなさんが自由に使っていただくことのできるものになる予定です。この部屋からたくさんの言葉が生まれ、YA世代がことばを交わしあい、ともに読むことを楽しむ場所となっていってくれたらうれしいです。

子ども司書2_s.jpg

第3回 ボランティア茶話会(仮)を1月23日に開催しました。
昨年6月から、2,3ヶ月ごとに開催してきたボランティア茶話会(仮)も3回目となりました。

 10月茶話会で、「何か図書館に関わる作り物をしてみたい!」という声がありましたので、
「今回はマルチメディアデイジーのCDジャケットを切りますよー」とお声(メール)をかけたところ、 なんと、参加者14名!
新記録です! 協働のへやが参加者、職員でキチキチになり、思わず暖房切っちゃいました。

マルチメディアデイジーと図書館資料音声化サービスの宣伝を挟みつつ、 ハサミで紙をチョキチョキ......

単純作業だからシーンとしてしまうかも・・・と心配していましたが、 なんだか、いままでで一番みんな楽しそう!

「手を動かすと、頭も動くし口も良く動くから健康ねー」なんていいながら、あっというまの1時間でした。

 約180名のボランティアともっと密に交流していきたいと思い始めた茶話会(仮)でしたが、
それぞれ活動に対する思いや、こうするともっと良いかもという意見など、 見えにくかったものが見えるようになってきたような気がします。来年度もこの流れのまま、続けて行きたいです。

12月8日、9日にまちライブラリアン養成講座を開催しました。講師はまちライブラリー提唱者の礒井純充さんです。
参加者がそれぞれの「まちライブラリーを始めてみたい!」、「本を通じて人と人とのつながりを生み出したい!」という思いを持ち寄り集まりました。

まちライブラリアン1_s.jpg 1日目は、礒井さんからまちライブラリー発足の経緯や、まちライブラリーにかける思い、全国の事例などをお聞きしました。
まちライブラリーはひとりひとりが「育てていく図書館」。並ぶのは、売り文句ではなく純粋に一人一人が読んでほしいと思って選んだ本と、本を読んでつづった「伝えたい言葉」です。日本全国、どこへ行っても同じ商品を手にすることができ、同じ"いらっしゃいませ"と"ありがとうございました"が聞けるコンビニは確かに便利だけれど、感想カードでのやりとりという「めんどうくささ」のなかにこそコミュニティができ、そこから生まれる人間関係があると礒井さんはいいます。
 たくさんの本がなくてもいい。「まちおこし」とか大きな野望や目的がなくてもいい。むしろ、「自分がこうしたいからするのだ」というモチベーションから創出される行動力こそがまちライブラリーには欠かせないのだそうです。「本が好き」という気持ちや「我が事」を追求することがやがて誰かの「我が事」と重なり、息の長い活動につながるのだと感じました。

 2日目は、まちライブラリアンとしての第一歩。いよいよ自分だけの本棚づくりのワークショップです。
テーマを決めて本を集め、段ボール箱で自分だけの本棚を作ります。それぞれ熱い思いを持って参加された参加者のみなさんは、細部にまでこだわった個性的な本棚を、時間いっぱい使って思い思いに作成していました。作業中はそれぞれが作業に没頭、会場には静かな熱気を感じます。中には自宅からたくさんの大切な本を持参されて完成した本棚に飾る方もいて、ひとりひとりの経験と想いがあふれる、「こころ」が垣間見える本棚が完成しました。
 全員の本棚が完成したところで、それぞれどんな本を置く、どんな本棚を作りたいのか、どんな空間にしていきたいのか発表します。参加者の中にはすでにまちライブラリーを始める準備を進めている方もいて、明確な想いを持って参加されたことがよくわかりました。
まちライブラリアン2_s.jpg    まちライブラリアン3_s.jpg

  最後に、まちライブラリアンの認定証を吉成館長から授与、2日間の講座が終わりました。
参加者の皆さんは晴れてまちライブラリアンに!今日やったことがそのまま、まちライブラリーになっていくし、次に行動を起こそうとする方の勇気につながるので、ぜひ形にしてほしいと礒井さんもおっしゃっています。
 この2日間が、今後、まちのなかに本を通じて人と人がつながる場所がたくさん生まれる、「種」となることを願っています。

 11月17日(土)に南東読書スペースで、人権イベント「発達障がいってなに?~カラフルな人たち~」を開催しました。
(岐阜市立図書館では、一般財団法人羽田人権文化基金からの寄付により、青少年の健全育成に関する図書を購入しています。)

 最近は、大人の発達障がいにまつわるニュースや、発達障がいを告白する芸能人も増え、『発達障がい』という言葉を耳にすることが増えましたが、まだまだどういう障がいなのか知らない人も多いのではないでしょうか?

 今年は岐阜県発達障害者支援センターのぞみから発達相談員の岡田宏子さんをお迎えして、『発達障がい』の基礎知識から『?』な行動の理由や事情についてお話しいただきました。

  たとえば、「うちの子、約束を守らないんです」というお母さんがいました。岡田さんは、それは本当に"約束"ですか?その子にとっては、ただ「こうしなさい!」と言われて「うん」と答えただけで、約束とは思わなかったかもしれませんよ。と言葉をかけます。一方的に子どもとただ向き合うのではなく、きちんと会話することで、解決できる問題があることを伝えます。
 また、先生の周りをぐるぐる回っていた子どもに、「どうして、先生の周りをぐるぐる回るの?」と聞いてみると先生にどうやって声をかけたら話しを聞いてもらえるかわからないと、困って回っていたという事実が分かった話。何かきっかけになる言葉があればいいね、と一緒に考え、まず「あのー」と声をかけると、「どうした?」と返してくれるのではないと、仮説をたててみたそうです。
相談員として、元教員として、または発達障がいの子を持つ親としての視点で語られる「発達障がい」のお話は、聞きたいと思ってもなかなか聞けない貴重な時間でした。

中央図書館のエントランスでは、12月24日(月・祝)まで発達障がいに関わる本の展示も行っています。
発達障害者支援センターのぞみのパンフレットなども配布しています。ご興味のある方は、来館の際、ぜひご覧ください。

人権_s.jpg

 11月10日(土)、みんなのホールで映画「ふるさと」の上映と、トークセッション「土に根ざすもの、風景の記憶‐徳山村が残したもの‐」を行いました。 第一部の映画上映では、消えゆく徳山村の美しい自然の中での老人と少年の絆に涙を流される方もいました。

ふるさと_s.jpg

 第二部のトークセッションでは、児童文学作家の平方浩介さんと、写真家であり、映画監督でもある大西暢夫さんをゲストに、吉成館長とトークを繰り広げました。 平方さんは映画「ふるさと」の原作「じいと山のコボたち」の作者で、映画撮影当時は全校で20名程度の小さな学校、徳山村徒入分校の教員をつとめていました。平方さんは「自分は何も教えていない、子どもから学ぶことばかりだった」とおっしゃいます。
 また、「よく子どもは未完成な人間だといわれるけど、子どもこそが完成された人間で、そして、年を重ねるごとにだんだんと壊れていくものなのだ」、という言葉も印象的でした。大人が子どもより優れているのは経済行為など限られた場面のみであって、子どもと付き合う中で自分を恥ずかしい存在だと感じられたそうです。徳山村で子どもと向き合い、過ごしてこられた平方さんの「子ども観」にはとても説得力がありました。

 大西さんが初めてこの映画「ふるさと」を観たのは中学生の時。池田町出身で徳山村が近かったこともあり、映画を観る前は日本一のダムが近所にできる!という誇らしささえ感じていたそうです。しかし、学校で見た映画に衝撃を受け、「人前でなんて絶対に泣きたくない年代だったけれど泣いてしまった、本当に泣いてしまった」、という言葉が心に残りました。その後、「カメラばあちゃん」の愛称で呼ばれた徳山村のアマチュア写真家、増山たづ子さんの写真展の手伝いをしたことをきっかけに徳山村とそこに生きる人々を追い始めます。日が暮れたら眠る、自然の中でつつましく生きる、動くものはとにかく抑え込む、いわば「動くものはすべて食べ物だ!」と言わんばかりの野性的な、'攻め'の生活。「徳山は衝撃的におもしろかった」のだという大西さんの言葉もありましたが、トークセッションを聞いていると、自然の中で生きること、死ぬこと。ダムの話だけでは語りきれない圧倒的な【何か】を感じました。

 そして、「徳山村」はまだ終わっていません。大西さんは村の「その後」を今も追い、映画「水になった村」を撮り、そしてその後日談としていま新たに本にまとめているそうです。映画を撮っていた時にはわからなかった言葉も、今だから理解できるそうです。

 自然とともに生きるということ、死ぬということ。記録すること。記憶すること。これから岐阜で暮らしていこうとする私たちは、徳山のかつての暮らしも、今の私たちの暮らしも、残していきたい、忘れることなく残していかなければならない、そんなことを考える時間となりました。

ふるさと2_s.jpg   ふるさと3_s.jpg

 10月27日(土)、「桐島、部活やめるってよ」や「何者」の作者として著名な岐阜県出身の作家、朝井リョウさんをお招きして『目指せ直木賞作家!ぼくのわたしのショートショート発表会』を開催しました。第4回目となる今年は過去最多の114作品が集まりました。動画の作成など、世相や流行を反映したものからストレートな恋愛もの、背筋の凍るホラーまで幅広く意欲作が集まり、朝井さんは選考に大変苦労したそうです。その応募作品から事前に朝井リョウさんが選ばれた8作品を、作者の中高生が自身の朗読で発表し、朝井さんから1人ずつ講評をいただきます。
 
 朗読が始まると、ぐっと会場の空気が引き締まり、観客は物語の世界に引き込まれます。朗読が終わると朝井さんは中高生と直接言葉を交わし、作品1つ1つにコメントしていきます。朝井さんから「落ち着いた文体だね!若い時って僕もそうだったけどとにかく飾りたくなって余計な言葉をたくさんつけてしまって、というものなのに」とか「単語一つ一つで間接的に、'この家には何かあるぞ'と思わせるあやしさ、情景がうかぶ語彙力がすごい!」など、書き手ならではのコメントに中高生も作品の着想を得たきっかけや普段自分が作品を書くときの気持ちなどを生き生きとこたえていました。
 また、ある子が作中で書いていた、「結構本気で好きだった」という文章で、ただ「好きだった」と書くより、「結構」という一言があることで一気にリアルさが増すね!など細かいところにまで注目したり、他県からの参加者の作品には「岐阜ではこの言葉は出てこない!」など、郷土作家だからこその言葉もあり、会場からは朝井さんのコメントにたびたび歓声が起こりました。

 日常の中の小さな心の動きや生活の中の小さな変化は気づこうと思って気づくことのできるものではなく、また、気づいたとしても受け流してしまった方がずっと楽で大半の人はそうしてしまうものです。
 文章力はいわば筋トレのようなもので、トレーニング次第だけれど、作家になるには、気づきの「視点」があるかどうかが重要です。「それ」に気づき、そして言葉に表す力は特別な「ギフト」のようなものだと朝井さんはおっしゃいます。書くことを選んだ彼らは、朝井さんのいう「ギフト」を受け取った8人なのではないでしょうか。
  「自分の書いたものを受け取ってくれる人の存在を視覚的に確認できるのは、書き手にとって大きな勇気、'エンジン'になる。これからもここで中高生の力を見守ってほしい」と最後に、中高生の朗読を見守った観客へ、朝井さんからメッセージもありました。  
 
 控室に戻った後、館長と出演した8人の中高生で振り返りをしました。「もっといろんな作品を書きたい」「自分の概念が壊された気がする。すごくいい刺激をもらえた」「好きで書いていたけれど、これからも小説を書き続けていいんだよと言ってもらえた気分」などそれぞれ自分の言葉で今の想いを語りました。みんな本番が終わって、朝井さんから言葉をもらい、ほっとほころんだ表情の中にも「書く」ことへの彼らなりの決意が垣間見えた一瞬でした。館長からも「うまくある必要はない。それぞれの世界観をぶつけあい、そして朝井さんもそれに同じ立場で向き合ってくださった。とてもすがすがしい時間だった」とエールを送りました。朝井さんと自分の書いた作品について語り合う、という経験が、今後彼らが前に進んでいくエンジンとなることを願っています。

朝井リョウ1_s.jpg   朝井リョウ2_s.jpg     

 あい愛ステーションに岐阜市立中央図書館から本棚がやってきて半年が経ちました。
毎月テーマを変えて図書館から本を展示しています。

 いま、柳ケ瀬周辺、岐阜に暮らす人にとって身近で、手に取りたくなるような'生活感'のあるテーマを、と思って毎月本を選んでいます。 これまでのまち×としょかんライブラリーの展示本は以下の展示タイトルをクリックするとご覧いただけます。ぜひ図書館で探してみてください。

【これまでの、としょかん×まちライブラリー】
・4月テーマ「本と、映画と、柳ケ瀬と。
・5月テーマ「電車で旅に出たい!
・6月テーマ「Road to サンビル -サンデービルヂングマーケットへの道ー
・7月テーマ「岐阜の夏は暑くてアツい!!
・8月テーマ「背筋がぞわぞわ~っ こわい本
・9月テーマ「いしのはなし

 そして、10月のテーマは「柿づくし」。
岐阜県の秋といえば、富有柿。ケーキやチョコレートなどの砂糖菓子がなかった時代には大事な甘味でした。
そんな甘くておいしい果物としての柿はもちろん、岐阜の和傘にも使われている柿渋に柿の葉寿司、俳句や昔話など生活になじみ、使われてきた奥深い柿の世界へ、みなさんを誘います。

IMG_4426_s.JPG

 今月から展示本に小さなコメントカードをつけています。
あい愛ステーションで本を手に取って読んでいただいたとき、生まれた気持ちを気軽に残してくださるとうれしいです。

コメントカード_s.jpg   コメントカード2_s.jpg