ブログ

 知らなかった岐阜を知る「みんなの図書館 おとなの夜学」。第8期2回目を令和4年10月19日シビックプライドライブラリーで開催しました。テーマは「 岐阜復興期の新聞・出版群像 ―メディアでたどる戦後岐阜―」です。
 戦後の岐阜を生きた知られざる出版人たちを紹介されるのは岐阜放送の社長である山本さんと、「東海民報」の林さん。敗戦後、人々の日本を変えたいという政治への熱はそのまま出版活動への意欲につながり、多くの新聞・雑誌が生まれました。

IMG_0583_s.JPG 
 山本さんは岐阜復興期の出版状況についてプランゲ文庫(*1)などを参考に調べられていますが、興味を持った入り口はカストリ雑誌(*2)でした。岐阜で有名だったのは戦後の柳ヶ瀬にあった石神書店です。石神書店ではすぐ儲かるからと性を売り物にした単行本や雑誌を発行する一方で、青年向けの健全な新聞も発行していました。
玉石混交の出版物があふれる時代において、岐阜のジャーナリズムは今よりも活発的で大きな流れを築いていました。
 当時、乱立していた新聞や発行物の中で今日もなお岐阜で健在なのがローカルメディア「東海民報」です。発行人である林さんは先代編集者だった父親が「立派なことを言っても続かないと意味がない」と経営面もおろそかにせずに新聞を続けていく姿に感銘を受け、跡を継ぎました。岐阜や柳ヶ瀬の様子など、私たちに馴染みのある話題と関連付けながら当時の出版世相を語られました。
個人が自由に情報を発信できる現代の状況に触れながら、ジャーナリズムや地方のメディアが担うべき役割について林さんは問題提起をしており、考えを深めるきっかけの時間となりました。

*1 プランゲ文庫 国立国会図書館が1948年にできるまで、戦後の日本で発行された出版物を集めていた歴史学者ゴードン博士によるコレクション。原本はアメリカにありますが、国立国会図書館のデジタルアーカイブから見ることができます。保管されている岐阜の新聞は147紙、雑誌は85冊に渡ります。

*2 カストリ雑誌 戦後4、5年にわたって流行った大衆娯楽雑誌。扱う内容は性的なもの、グロテスクなもの、怪奇的なものなど多岐にわたり、度々摘発されました。内容が粗悪なことから3号以上続かない雑誌を意味していて、当時流行した3合も飲めば潰れるカストリ焼酎とかけているとされます。

 11月5日(土)、「地域よみきかせボランティア育成講座 ~みんなを笑顔にする!絵本と紙芝居の魅力的な演じ方~」が開催されました。

 今回の講師は、愛知県北名古屋市で「こども古本店」の代表取締役をしていらっしゃる、中島英昭さん。「こども古本店」は、全国的にも珍しい、子どものための古本専門店です。

"あたらしいより、あたたかい"をコンセプトに、きれいで安心のリサイクル絵本を届けている中島さんは、子どもたちに絵本の読み聞かせもされています。今回は読み聞かせのコツを教えてくださるため、かわいらしいお店のエプロンに身を包み、颯爽とぎふメディアコスモスに来てくださいました。

 講座では、絵本と紙芝居の演じ方のポイントをスライドにまとめてくださり、実演をまじえてとても分かりやすく教えてくださいました。

紙芝居の舞台は小さな劇場であり、"世界を切り取る窓"ですとおっしゃっていた中島さん。舞台の扉を開ける順番についても教えてくださいました。なぜその順が良いとされているのか、理由をふまえ実際にやって見せてくださると、参加者の皆さんも納得の様子で見入っていました。舞台の開け方はあまり気にされないこともある部分かもしれませんが、そういったところに、子どもたちをお話の世界に誘うコツが隠されているのかもしれないですね。

このほかにも絵本と紙芝居の魅力的な演じ方について、ユーモアたっぷりに詳しく教えてくださった中島さん。参加者の皆さんも積極的にメモを取られている姿が印象的でした。

 質疑応答の時間では次々と質問が飛び出し、参加者の皆さんの意識の高さと熱心さが強く伝わってきました。「子どもを引き付けるコツ・技術・ポイント等がとてもわかりやすかった」「読み聞かせ始めることになってとても不安だったが、最初にこの講座を受けられて本当によかった」などのお声もいただきました。

講座の最後には参加者の方々から記念撮影をお願いされ、快く応じてくださった中島さん。笑顔のあふれる、
楽しい講座となりました。ありがとうございました。
 
地域よみボラ ブログ用04.jpg 地域よみボラ ブログ用03.jpg

  地域よみボラ ブログ用01.jpg地域よみボラ ブログ用02.jpg

 10月30日(日)、岐阜県出身の直木賞作家、朝井リョウさんをお招きして『めざせ直木賞作家!ぼくのわたしのショートショート発表会』をみんなのホールにて開催しました。8回目となる今年は過去最多の171作品が集まりました。たくさんの応募作品から事前に朝井さんに選ばれた8作品を、作者の中高生自身の朗読で発表し、朝井さんから1人ずつコメントをいただくという企画です。今年の応募作品の半数が公募サイトなどからこのイベントを知った岐阜県外からの参加者でした。「この場所が創作をする若者たちが切磋琢磨し、互いのレベルを高め合う登龍門のような、いい作品が集まるものに育ってきている、始まった当初はここまでになるとは思っていなかった」、と朝井さん。

ぼくわた①_s.jpg

8名の中高生が発表した作品名と、朝井さんからのコメントの一部をご紹介します。

①    メダカ町
 メダカを飼っていて、そのメダカを主人公にしたらどんな物語になるかな、というところから書き始めたそうです。生まれて初めて書いた作品と聞いて、『気持ちのいいオチのついた王道のショートショートだね、完成度が高い!』と朝井さんも驚いていました。

②    五百文字タイムトラベラー
 ひねりがあって作中にしかけが重なっていることでオリジナリティが出ている作品。『緊迫した中に滑稽さもあってそれが不気味さを募らせているね』、と朝井さん。朗読を聴くとざらりとした怖さが増すような気がしました。非常に緻密な「五百文字」のしかけにご注目!

③    山蛍
 『文章表現や描写力が優れていてそのセンスは宝物!』と朝井さん。読んでいると世界観に引き込まれ想像力が広がります。作者のこだわりが全編通して感じられ、選ばれた8作品の中でも他のどれとも違う、不思議な雰囲気のある作品です。

④    宇宙人
 なんと締め切り日になって慌てて書かなきゃ!と仕上げた作品なんだとか。何気なく持っていた「宇宙人の日常」というメモから発想を膨らませて書かれたそうです。『短い文の中でキャラクターを愛おしく思わせるように書けるのがすごい!』という朝井さんのコメントどおり、なんだかかわいげのある、ちょっと不思議な宇宙人のおはなしでした。

⑤    丸眼鏡
 大人が書いたような落ち着きのある雰囲気の文体。なんと作者は中学1年生でした。国語は苦手で、本を読む習慣もなかった、と語る彼はこれが初めて書いた作品。自分の書いた作品を「作文」と言う感じが新鮮で印象的でした。『"ちょっとおかしなこと"がずっと真剣に書かれているのがおもしろいよね。新たな視点をくれる作品は自分の中でも印象に残るけど、この作品にはそれがありました』、と朝井さん。

⑥    朝のグラウンドは優しい
 『朝の野球部のグラウンド、晴れた空。この年齢じゃないとこのテーマをこんな風に鮮明には書けない、場面場面の解像度の高さが印象的』と朝井さん。朝井さんも創作を長く続けていく中で、「もうそれをテーマに選べなくなっている自分」を感じてしまうことがあるそうです。

⑦    嫌いなこの子
作品を読んで、「作者は女子」と思い込んでいたので、登場した作者を見てとても驚きました。登場人物が「僕」や「俺」だと恥ずかしくなっちゃって、女子の目線の物語にしました、ということだそうです。『この短さでこの"嫌な雰囲気"を出すのは難しいのにうまい!』と朝井さんも驚かれていましたよ。

⑧    きっと左利きでAB型で2月29日生まれな君へ
ショートショートなのに、長編を1本読んだような錯覚を覚える余韻のある作品。朝井さんも『いろんな気づきを膨らませて物語を紡げる人だね。巧みだな~』と感心されていました。全編にわたって『チョコレート』が表現に効いています。『AB型で、左利きで、2月29日生まれの人に会ってみたいな』という思いから生まれた作品なのだそう。

 8作品、どれも魅力的で、作者の声を通して味わうとまた想像力が掻き立てられます。発表をした8名の結束も強く、舞台袖では発表者同士互いに「がんばって!」と励まし合う姿も見られ、みんなでつくった『ぼくわた』。図書館としても第1回で作品の発表者だった高校生が、岐阜市立図書館の司書となり今年は発表する中高生をサポート。彼らの姿を見ながら8年の歳月が流れたことを実感し、感慨深いものがありました。
 発表者の皆さん、そして会場で、Zoomを通して、彼らを見守ってくださったみなさま、ありがとうございました。今回応募された全ての作品は作品集にまとめられており、図書館で借りていただくこともできます。ぜひ手に取ってみてください。

ぼくわた②_s.jpg
ぼくわた③_s.jpg

 11月3日(木・祝)文化の日にメディコスで行われた秋のゆったりカルチャーマルシェにて、ぎふべんクイズラリーを行いました。
 当日は気持ちのいい晴天に恵まれ、小さなお子さんから年配の方まで、たくさんの方がメディアコスモスを訪れていました。カオカオ広場に出していたクイズラリーのブースにも200名以上が来てくださり親子で、友達同士で、カップルで岐阜弁クイズにチャレンジ!
図書館内6か所に貼られた「岐阜弁」がどんな意味の言葉なのか?館内を巡りながら該当する言葉のシールを回答用紙に貼っていきます。
 毎日話しているのに、知らないことや発見がいっぱい。奥が深くって面白い。それが岐阜弁。主催した図書館も準備の段階から岐阜出身者と他府県出身者で「岐阜弁わからんかったエピソード」で盛り上がり、たくさんの会話が生まれていましたが、イベント当日も家族や友達同士でも意見が分かれたり、思いのほか白熱しているようでした。
 ずっと岐阜に住んでいる人も、最近岐阜に来たばかりの人も。性別も年齢も関係なくみんなで楽しめる、言葉を交わすきっかけになる。それが「ことば」のおもしろいところかもしれません。クイズをきっかけに図書館を歩き回り、ここおもしろいな、居心地いいな、と思っていただけていたら嬉しいです。ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!
マルシェ③_s.jpg
マルシェ①_s.jpg

 この日はいつもメディアコスモス1階に設置してある移動本棚ぶっくらぼ(まちライブラリー@メディコス)も屋外のカオカオ広場へ。本棚に座って絵本を読む親子連れなどの姿がたくさん見られました。晴れた日に外で読書、気持ちがいいですね。
マルシェ②_s.jpg
 
 このぶっくらぼに置いてある本にはすべて、「この本を誰かに読んでほしい!」と思っている本のオーナーがいます。本についているオーナーさんからのコメントを読んでみてください。貸し出しは1人1冊まで、ノートに本のタイトルと名前を書いていただけばどなたでも借りられます。ゆるーくやっていますので図書館のようなきっちりとした返却期限やペナルティはありませんが、読み終わったらコメントカードに感想を書いて、だいたい2週間程度で返していただければ嬉しいです。オーナーさんも時々コメントカードをチェックして読者とのやり取りを楽しんでいますよ。

 1冊ずつに挟まっているしおりを裏返せば、すてきな言葉に出会えるかも!?図書館とはまた違う、読書の形をお楽しみください。

 今年2回目の茶話会は、6名と多くの参加がありました。ありがとうございます。
今回は、本のページ取れや破れの修理体験と、音声資料用のCDジャケット切りを行いました。

 岐阜市立図書館では、のりをメインに使って修理を行っているため、初めて修理をする皆さんは「テープを使って修理するのかと思っていた」とびっくりされていました。作業されていく中で、自宅で本を修理する時には、どういうものを使って行えばいいのかと質問があり、「本の修理」への関心が高まってくれたなぁと感じました。
ボランティア_s.jpg 後半は、ジャケット切りを行いながら、軽いお話や活動中に困ったことなどを話し合いました。日頃の活動で、疑問に思ったことがなかなか解消できないままの方も多いので、こういった場でお話ができ、良かったと感じました。今後のボランティア活動に繋げていただけたらと嬉しいです!

今後も不定期に、皆さんが交流できる場を増やしていきたいと思います。
これからもご参加をお待ちしています!

 子育て中の皆さんのための「本と子育て」がテーマの講座「本de子育てカフェ」が10/16(日)に開催されました。今回の講師は岐阜市出身のフエルトや布を使った絵本が大人気の✻すまいるママ✻先生です。

✻すまいるママ✽先生は若い男性であり3児のパパさんです。

 参加者は1歳から小学生までの親子です。先生の原画やスケッチブックをお借りし、たくさん展示したところ、皆さん目を輝かせて見入っていました。
先生はオリジナルのカラフルなエプロンをつけて登場!自己紹介のあと、さっそくお絵かきタイムです。模造紙に絵をかきながら「何を描いているか分かったら言ってね。」と子どもとやり取りを楽しみながら、リズミカルにペンをはしらせていました。かえるからカバへ。カバから牛の絵に変化する楽しい絵が完成しました。その次は参加者に好きな動物を尋ねられ、子どもたちが口々に「馬!」「はりねずみ!」「ネコ!」「イヌ!」「うさぎ!」と答えると、馬の上にイヌとネコが乗り、はりねずみは馬のしっぽにつかまります。うさぎはどこかというと、なんと馬と競争しているのでした!参加者から歓声があがりとても盛り上がったお絵かきタイムでした。
ブログ1_s.JPG  ブログ2_s.JPG

 先生による絵本の読みきかせもしていただきました。『はなになりたい』(東京書店)は「世界一受けたい授業」というテレビ番組で紹介されたそうです。せつなくも心が温かくなるお話に胸がいっぱいになりました。『はなになりたい』の続編である『パパになったぼくへ』(東京書店)には、先生が未来の自分に宛てた手紙が載っています。「いつか赤ちゃんが生まれたらこれを一緒にしたい、こうしてあげたい」という思いのつまった手紙は愛情がたっぷりで、心の底からほっこりしました。手紙の最後には「がんばれ パパに なった ぼく!」とあります。「子育て中は大変なこともたくさんあるけれど、ちょっと昔を思い出すといいかもしれませんね。」という先生の言葉が印象的でした。

 絵本『チクチクさん』(PHP研究所)を読んでいただいたあとは楽しみにしていた工作です。主人公のはりねずみのチクチクさんを、それぞれ家から持って来たはぎれをつかって作りました。大人も子どもも夢中になってかわいくてカラフルなはりねずみを作ることができました!小さい子がお父さんに布を引っ張ってもらって一生懸命ハサミを使い布を切る姿がとてもかわいらしかったです。
それぞれ個性豊かで素敵なはりねずみはどこかに飾られて参加者の皆さんのことを見守っていることでしょうね。

ブログ3_s.JPG

ブログ4_s.JPG

大人も子どもも一緒になって楽しめた素敵なイベントになりました。
*すまいるママ*先生 ありがとうございました!

 知らなかった岐阜を知る「みんなの図書館 おとなの夜学」。第8期1回目を2022年9月24日に行いました。
 今回は「茶室水琴亭・淀君化粧の間で、原三渓の志に思いを馳せる ~近代産業と美の巨人が、岐阜に残した宝を拝見~」と題し、いつもの中央図書館を飛び出して米屋町の料亭「ぎふ水琴亭」が舞台となります。
 テーマは「原三溪の軌跡をたどる」。ゲストは第35夜でも登壇いただいた林憲和さん。原三溪の持つ芸術への関心やぎふ水琴亭との関係について前半は座学形式で学び、後半は水琴亭の中を林さんのガイドで見学しました。
yagaku_20220924_s.JPG
 原三溪は明治改元直前の1868年に柳津町で生まれ、横浜の大財閥・原家へ婿入りし実業家の道を歩むかたわら芸術にも強い関心を寄せます。 幕末からあった水琴亭は原三溪お気に入りの料亭。昭和初期に伊奈波神社の境内から米屋町へ移築する時に原三溪は協力を惜しまず、金銭的な援助だけでなく、横浜の三溪園にある臨春閣を模した部屋をつくらせ、二階の「淀君化粧の間」(「三溪の間」)の壁画と襖絵を自ら描きました。
 座学のあとは普段は入ることのできない2階に上がり三溪自筆の壁画と襖絵を間近に見ることができました。三溪の作品は彼と交流のあった横山大観や下村観山、小林古径や、安田靫彦らから琳派を継承するものとして高く評価されています。
 本物の作品を目の前にして、その道の専門家からよもやまな講義を聞ける機会はとても貴重で、参加者の方々からも興奮が伝わってきました。

 さて、今年もいよいよ『ぼくわた』の季節がやってきました!今回のブログは、去年に引き続きこの『ぼくのわたしのショートショート発表会』を担当するYA担当の司書Tがお送りします。

 『ショートショート』、その名が表す通り、『短い小説』のことをそう呼びます。最近では10分で読める!とか5分後にまさか!とか、そうタイトルに冠されたショートショートの作品集も増えてきました。(中央図書館のYA書架には9類(文学)やF(日本の小説)のコーナーにありますので、興味が湧いたらぜひ手に取ってみてくださいね!)

 スキマ時間や通学時間にも読むことができて、中高生世代のみなさんにも人気のショートショート。そんなショートショートを中高生世代のみなさん自身に書き上げてもらい、直木賞作家の朝井リョウさんに読んでもらう――、岐阜市立図書館の人気イベントもついに今年で8回目。今年集まった作品は、なんと過去最多の171作品!それまで最多だった去年を超えて集まった作品たちに、私たち担当もうれしい気持ちでいっぱいです。

 集まった作品はすべて朝井さんにも読んでいただき、オンラインミーティングのZoomを使った打ち合わせで、当日朗読してもらう作品を選考していただきました。打ち合わせ当日は落ち着いた雰囲気を醸し出せるように努めていた私含め担当2人でしたが、やはり緊張しました。毎年驚かされることなのですが、緊張しっぱなしのそんな私たちに対しても、朝井さんは驚くほど気さくに話してくださいます。
 そうして今年も、8作品が朝井さんに選ばれました。ここで、その作品のタイトルを紹介したいと思います。

①きっと左利きでAB型で229日生まれな君へ
②丸眼鏡
③嫌いなこの子
④メダカ町
⑤五百文字タイムトラベラー
⑥朝のグラウンドは優しい
⑦宇宙人
⑧山蛍

タイトルを見ただけでも、いったいどんな話なんだろう?と想像が膨らみますね! 

「あってはならない感情なんて、この世にないんだから」

 こちらは朝井さんの著作、「正欲」(新潮社刊)の一節です。清々しい感情も鬱々とした感情も、すべての感情を肯定してくれるようなこの言葉。自分が感じたことを伝えること・表現することの難しさと、それを分かち合う大切さをこの一節を読んだときに感じました。今回作品を応募してくれたみなさんにも、それぞれにいろいろな思いがあっただろうなと思います。応募してくれたひとりひとりに感謝しています。本当にありがとうございました!

 中高生世代がたくさん悩んだり考えたりして生み出した作品にこめられた、色とりどりの感情たち。そんな感情の結晶をみなさんも見届けませんか?選考された作品の作者本人による作品の朗読と朝井さんの講評を聞くことのできる「ぼくのわたしのショートショート発表会」は 10月30日(日)に開催。会場観覧とZoom観覧、どちらもまだ募集中ですので、興味のある方はぜひ申し込みをお願いします!

第8回ぼくのわたしのショートショート発表会 観覧募集

 新しくシビックプライドライブラリーに入った本たちをご紹介します。

岐阜の街中にあるトマソン(不動産に明らかに無用なものが綺麗に残されているもの)を宝探しのように見つけていくのが面白い「岐阜路上オモシロ図鑑」は、1988年当時ののんびりした空気も感じる1冊です。

「スケッチジャーナリスト」「無駄なことを続けるために」などは、自分らしく生きてきた彼女たちの足跡から、「これからなにができるか」を考える足がかりにしていただけたら、と思います。

 ※シビックプライドライブラリーについては、コチラの記事もご覧ください。  
 シビックプライドについては、シビックプライドプレイスのホームページも合わせてご覧ください。

【シビックプライドライブラリー 新着図書リスト】

書名 著者名/ほか 出版社 棚の場所
1 岐阜路上オモシロ図鑑 作美善男/著 林文堂 緑20岐阜で生きることの意味
2 スケッチジャーナリスト 大角真子/著 床下出版 緑25なりわいを持つ
3 無駄なことを続けるために 藤原麻里菜/著 ヨシモトブッックス/ワニブックス 緑23なりわいを持つ
4 こんな夜は 小川 糸/著 幻冬舎(幻冬舎文庫) 青06 3.11後の世界観
5 ルポ 森のようちえん おおたとしまさ/著 集英社(集英社新書) 緑13オルタナティブな教育
6 やりすぎ教育 商品化する子どもたち 武田信子/著 ポプラ社(ポプラ新書) 緑13オルタナティブな教育
7 三陸×アジア、未来へ 三陸国際芸術祭2014-2021   三陸国際芸術推進委員会 緑26みんな手から生まれてきた
8 メディアとアーカイブ 地域でつくる・地域をつくる 松本恭幸/編 大月書店 緑22コミュニティデザイン
9 場づくりという冒険 いかしあうつながりを編み直す 藤本 遼/著 グリーンズ出版 緑22コミュニティデザイン
10 ほしい未来をつくりたい人のためのブックガイド   グリーンズ出版 緑22コミュニティデザイン
11 beの肩書き 「人生の肩書き」は、プレゼントしよう 兼松佳宏/著 グリーンズ出版 緑22コミュニティデザイン
12 ソーシャルデザイン白書 2016   グリーンズ出版 緑22コミュニティデザイン
13 サステイナブルに暮らしたい 地球とつながる自由な生き方 服部雄一郎、服部麻子/著 KTC中央出版 緑36食とエネルギー