YA

YAの、YAによる、YAのためのおすすめ本リスト「別冊ほんまるけ」!

YAのみなさんに協力してもらいながら毎年発行しているこの冊子ですが、「Power of book~本の力~」をテーマとした
Vol.9の発行を計画中です。

1月15日(土)に、その編集をしてみたい!と応募してくれた5名のみなさんと私たち図書館の職員4名の計9名で、編集委員会を実施しました。なんだか見かけたことのある顔ぶれ!と思ったら、それもそのはず。
昨年度も参加してくれた子や、YAサポーターとして書架整理などの活動をしてくれている子など、図書館を日頃から愛してやまないであろうみなさんが集まってくれていました。ありがたい限りです。

まず、「最近読んでおもしろかった本を紹介する」というお題のもと、自己紹介!各々の本に対する愛があふれていて、このお題だけで1時間は話せるかもしれない......なんて思いました。しかし、残念なことに時間は限られていますので、熱く語るのもほどほどにして、次に編集の作業に取り掛かります。事前に選んできてもらった1冊についての紹介のページをひとり1枚手書きで作成してもらいました。集中して原稿の作成に挑む編集委員のみなさんの姿には胸を打たれるものがありました。

しかし、ここで黙って見ていられないのが私たちYA担当の性。絶好の機会とばかりに「YA世代の間ではなにが流行っているの?」と根掘り葉掘り聞いてみたり、はたまた「私の好きなこの本のことを世代の違うみなさんは知っているのかな......」と相談してみたり。原稿を作りながらも、編集委員のみなさんは相槌を打ってくれたり、尋ねたことに笑顔で答えてくれたりして、とてもうれしかったです。
ほんまるけ写真_ブログ用.JPG

編集委員の募集は締め切っていますが、表紙のイラストはまだまだ募集中です。
ほんまるけの表紙をあなたのイラストで彩ってみませんか?詳細はこちらをご覧ください。

ほんまるけVol.9は今年6月に発行予定。編集委員のみなさんの思いが詰まった冊子の完成を楽しみにしていてくださいね!

岐阜市立図書館だより1月号を発行しました。 岐阜市立図書館の各館・室で配布中ですので、ぜひ手に取ってご覧ください。

岐阜市立図書館だより1月号 ダウンロード用PDFはこちら 児童版 岐阜市立図書館だより1月号 ダウンロード用PDFはこちら
2022.1月おたよりHPサムネイル.jpg


岐阜市立図書館だよりR4-1月号(決裁済)----1.jpg
中高生向け ライブラリーレター1,2月号 ダウンロード用PDFはこちら

YAライブラリーレター2022.1.2月-2.jpg

日 時 令和4年2月20日(日)
時 間 午後1時30分~3時
講 師 漫画家 宮川サトシ氏
場 所 みんなの森 ぎふメディアコスモス1階 かんがえるスタジオ
対 象 ・中高生とその保護者
    ・若者向け小説・漫画に興味のある方
定 員 45名(先着順)
参加費 無料

その他 感染症対策のため入場時の検温、アルコール消毒、イベント中のマスクの着用にご協力をお願します。体調がすぐれない方、対策にご協力いただけない方のご入場をお断りする場合がございます。また、状況により開催を中止または講師のみリモート出演になる場合があります。

申し込み方法
1月8日(土)午前9時から
岐阜市立中央図書館の窓口もしくは電話(058-262-2924)にて受付開始
氏名・電話番号をお伝えください

YAの、YAによる、YAのためのおすすめ本リスト『別冊ほんまるけVol.9』の表紙イラストを募集しています。
あなたのイラストが『別冊ほんまるけ』の表紙を飾るチャンス!
採用された方には、図書カードを進呈します。多数のご応募をお待ちしています。

対象:岐阜市在住・在学の中高生またはそれに該当する年齢の方

内容:
1.イラスト 
①A5サイズ、カラー
②応募用紙は各館、各図書室で配布中です。
③デジタルの場合はメールでも受け付けます。
 データはCMYKモード 350dpi以下で作成してください。
2.テーマ  
「Power of book~本の力~」

募集期間:令和4年1月24日(月)まで 
応募方法:各館・各図書室の窓口に提出してください。
     デジタルの場合はEメール(jido-chuo@gifu-lib.jp)でも受け付けます。
その他:表紙に採用された方1名には図書カード1000円分、
    裏表紙に採用された方2名には図書カード500円分を贈呈します。

定員に達しましたので、受付を終了しました。ご応募ありがとうございました。

YAの、YAによる、YAのためのおすすめ本リストを一緒に作りませんか?

『別冊ほんまるけVol.9』(令和4年6月発行予定)の作成に携わる編集委員を募集します。

日 時:令和4年1月15日(土)  午後2時~3時
    令和4年1月29日(土)  午後2時~3時
    場 所:みんなの森ぎふメディアコスモス1F 協働のへや
    対 象:中高生またはそれに該当する年齢の方

応募期間:令和3年12月18日(土)〜定員に達し次第終了(先着5名)

申込は岐阜市立中央図書館の児童レファレンスカウンターおよび電話で受け付けます。
こちらのチラシ(PDF)をよくお読みのうえ、お申し込みください。
参加される場合は、こちらの承諾書(PDF)が必要です。
保護者の方が記入の上、イベント当日までにご提出ください。

承諾書.pdf

 10月31日(日)、最新作「正欲」が話題の岐阜県出身の直木賞作家、朝井リョウさんをお招きして『めざせ直木賞作家!ぼくのわたしのショートショート発表会』をぎふメディアコスモスみんなのホールにて開催しました。7回目となる今年は過去最多の162作品が集まり、たくさんの応募作品から朝井リョウさん自ら選んだ8作品を、作者の中高生自らが朗読し、朝井さんから1人ずつコメントをいただきました。今回は感染防止対策を行いながら、会場観覧とオンラインミーティングアプリZoomの2つの観覧方法でさまざまな人にイベントを楽しんでいただくことができました。発表者に選ばれた8人も半数以上が公募サイトなどからこのイベントを知った岐阜県外(東京や福岡、熊本からも!)からの参加者。7年たってこのイベントも全国で知られるようになったのだなと実感しました。

 8作品の選出と当日発表する順番は朝井さんが決めています。"ショートショートらしい"作品、コメディ、怪談要素のある作品、「好き」の気持ちがテーマの恋物語にファンタジー。8作品の中にバランスよくいろんなジャンルが入っていてまるで全体を通して1つの長編小説か長いドラマを見終わったような充足感がありました。たくさんの応募があったので、大半は「選ばれなかった」わけですが、それはイコール実力がない、というわけではなく、今回の8作品の持つ〈流れ〉を考えたとき、入らなかっただけなんですよ、と応募してくれたすべての学生たちに向けた言葉もありました。

 そしてこのイベントの醍醐味は、学生たちが自らの作品を朗読すること。作者自身が声に出して読むことで一つ一つの作品に命が吹き込まれ、唯一無二の世界観が完成します。
 朗読が終わると、「真面目に不真面目なテーマを書いているのがいいな」「普通の日常が淡々と描かれている感じが、これから怖いことが起こる予感がして逆に怖い」「自分と向き合わざるを得ない感じがヒリヒリする。読んでいて気持ちがいい作品だけが、〈いい作品〉じゃないからね」と、一人ひとりの発表に対して、丁寧に彼らの想いを聞き出し、コメントしてくださる朝井さん。「謎が解けないまま終わる感じがよかったです」「登場人物の名前が印象的!」とZoomアプリのQ&A機能を使って、リアルタイムで届く視聴者の感想に、発表者の学生たちも励まされたのではないでしょうか。また、それに対する朝井さんのコメントに会場ではたびたび笑いが起こり、会場もオンラインもいい具合に混ざり合って、大舞台での発表に緊張感はありつつも終始和やかな雰囲気でした。
 学生たちの朗読に聞き入り、朝井さんのお話も楽しくて発表会はあっという間でした。例えば《コロナ》や《動画配信》のような時代を反映した作品がもっと多くなるのかなと思っていたら、意外とそういった作品は少なかった、と印象を語られた朝井さん。小説を読んで味わいたいものは、時代に左右されるものではないのかもしれません。

 イベント終了後、発表者の学生たちと朝井さんがお菓子を食べながらざっくばらんに語り合いました。「理解できない!」といわれたときの心の保ち方、「どうしても合わない」人との付き合い方、創作のアイディアってどうやって思い浮かぶの?学生時代にやっておいたほうがいいことは?・・・時には創作に悩む同じ「書き手」として、また、時には悩める学生時代を過ごした同士として。常に学生たちと同じ目線で「そうだよねえ」「やだよね~」と共感を示してくださる朝井さんと、その言葉に夢中で聞き入り、何かをつかもうとする、みんなの姿が印象的でした。
 一生懸命に作品を書き、選ばれたこと。自分の作品を大きな舞台の上で、たくさんの人の前で朗読したこと。朝井さんが作品にコメントしてくださったこと。朝井さんや同じ趣味、志を持つ同世代の学生たち同士で語り合えたこと。長く続くコロナ禍でなかなか思い出を作ることが難しい状況はありますが、これから自らの言葉を武器にいろいろなものに立ち向かい生きていくうえでの原動力になる、何物にも代えがたい経験になったのではないでしょうか。
 今年も無事にショートショート発表会を終えることができました。このようなYA世代のイベントを、図書館の目玉イベントとして長く続けてこられたことをうれしく思います。発表者の皆さん、また、彼らの勇姿を会場やオンラインで見守ってくださった観覧者の皆様、ありがとうございました!

SS発表会画像1_s.jpg

SS発表会画像2_s.jpg

SS発表会画像3_s.jpg

SS発表会画像4_s.jpg

 2021年10月31日(日)に開催された「第7回めざせ直木賞作家!ぼくのわたしのショートショート発表会」の作品集を、岐阜市立中央図書館(みんなの森ぎふメディアコスモス 2階)総合カウンターにて先着順で無料配布いたします。
 また郵送を希望される方は、返信用封筒(角型2号)に住所・氏名をご記入の上、390円分の切手を貼り、下記までお送りください。
 受付は2022年3月末までといたします。

※作品応募者には近日中に郵送にて送付いたします

【郵送宛先】
〒500-8076 岐阜市司町40番地5
岐阜市立中央図書館 事業係(ショートショート発表会作品集) 行

「めざせ直木賞作家!ぼくのわたしのショートショート発表会」については、こちらのページをご覧ください。